Sponsered Link

海外「なぜアニメ制作会社は海外市場にもっと注力しないのか?」その理由を徹底検証!Netflixがアニメ産業の希望となる!?

    アニメ制作会社は日本市場から十分な収益を得ることができないのであれば、なぜ海外市場にもっと精力的に注力しようとしないのか、その理由を徹底検証された記事が海外で話題となっておりました。
    外国の配給会社とのライセンス契約やダビング(吹き替え)コスト、円盤のコピー費用、ストリーミング配信の利益の少なさなど、様々な問題がが記述されるなか、『Netflix』がアニメ産業の希望の光となる可能性が示されていました。


    Sponsered Link

    なぜアニメが海外市場への流通を精力的に行わないのか、その理由を説明しよう。

    みなさんは国際コミュニティでよくこういった質問を目にしたことがあるだろう:

    『アニメ制作会社は日本市場から十分な収益を得ることができないっていうんなら、どうして海外市場にもっと精力的に注力しようとしないの?』

    表面上、その疑問は理にかなっている。

    アニメには多くの外国の配給会社が存在し、業界が利用できる合法的なストリーミングサービスがいくつか存在する。

    じゃあ、どうしてそれを利用しないの?

    一言でいえば、金である。

    アニメ制作会社の海外市場による収益を検証してみた結果、外貨ドルに焦点を当てて海外市場へ精力的に注力することに、それだけの価値が生まれない可能性があることが判明した。

    ではその検証結果を実際に見てみよう。

    このトピックの説明を分かり易くするため、以下の架空の会社を用いて説明する:

    ドキドキスタジオ:日本のアニメ制作会社

    ドキドキちゃんと7回の失恋:アニメシリーズのタイトル

    Gajin Studios:アメリカの配給会社

    AniStream:アメリカのストリーミングサイト

    ライセンス料

    ほとんどのアニメ制作会社はローカライゼーション企業に依存しており、国際的なファンに作品を提供している。

    これは映画業界の仕組みと同じように、彼らアニメ制作会社には自身の流通会社を設立する資金がないからだ。

    「Aniplex of America(アニプレックスの米国法人)」「Pony Canyon USA(ポニーキャニオンのアメリカ法人)」、および「Viz Media(ビズメディア)」は極稀な例外である。

    ローカライゼーション企業はライセンス料を一般市民に公開することはないため、これを数値化することは難しい。

    しかし、『Funimation(ファニメーション)』契約不履行のために「ADVフィルム」を提訴した時の裁判所の文書に基づいて、ある程度の数値化を測ることができる

    「ADVフィルム」が支払ったライセンス料の一部は以下のとおりだ。

    ・AIR:145,000ドル
    ・NHKにようこそ!:240,000ドル
    ・パンプキン・シザーズ:780,000ドル
    ・KURAU Phantom Memory:960,000ドル
    ・エア・ギア:780,000ドル
    ・ああっ女神さまっ:516,000ドル

    これらのライセンス料は米国のアニメブーム全盛期であった2007年頃のものだ。

    現在のライセンス料がこれより低くなっているのか、または高くなっているのかは測ることはできないが、これである程度推測して検証することができる。

    ライセンス料は主に6つのファクターに分けれられる:

    『最低保証』動画譲渡手数料『調整された成長収益』『期間』『売却』、そして『地域』である。

    では各セクションごとを取り上げて、アニメ制作会社にとってこれらがどう関わっているのか紹介していこう。

    最低保証

    『最低保証』は、ローカライゼーション企業がアニメに支払う前払いのライセンス料であり、取引の最も重要な部分である。

    これは、シリーズが大ヒットするか失敗するかに関わらず、アニメ制作会社が受け取る最低保証のお金だ。

    動画譲渡手数料

    『動画譲渡手数料』は、ローカライゼーション企業が動画の譲渡を受けとるために支払うものだ。

    訳注:動画譲渡手数料っていう呼び方が合ってるのかは調べてみましたが情報が少ないためよく分かりませんでした。
    動画譲渡手数料は英語で「video transfer fee」と書きますが、この文にある「transfer fee」という言葉はサッカー選手の移籍料などを表現するときにこの言葉を使います。
    それをアニメに代用していただければ分かりやすいかと思います。

    調整された成長収益

    『調整された成長収益』は、アニメ制作会社がアニメの海外市場での成功に基づき、長期的にどれだけの資金を費やしているかということである。

    アメリカの配給会社「Gajin Films」が他の費用を処理した後、最低限の保証としてライセンス契約期間中にアニメ制作会社「ドキドキスタジオ」に対し、将来の売上のパーセンテージを支払わなければならない場合がある。

    相場としては、1作品あたり20%~30%の間で取引されるという。

    このシリーズがローカライズされた市場で絶大なヒットを叩き上げたとしても、アニメ制作会社はそれ以上何も得ることはできない。

    期間

    『期間』「Gajin Films」がアニメのライセンスを持続できる期間のことだ。

    5年〜10年というのがホームビデオ(円盤)のライセンスの平均値であり、また、ストリーミング権の平均値は1年〜2年だ。

    契約期間が満了になると、「Gajin Films」はライセンスを更新するか、放棄するかを選択できる。

    売却

    『売却』「Gajin Films」がライセンスを更新しないと選択した場合のみ発生する。

    通常、契約期間が満了したとしても「ドキドキスタジオ」が別の会社にライセンスを売却する前に、残りの在庫を売却するには6ヵ月の猶予があるという。

    地域

    『地域』「Gajin Films」がアニメシリーズ「ドキドキちゃんと7回の失恋」を配布できる地域へのライセンス料である。


    さて、ここまでで多くの情報が手に入った!

    では、ライセンス料は円盤からどういう過程を経て収益に加算されるのだろうか?

    外国のホームビデオ(DVD・Blue-ray等の円盤)

    「Gajin Films」アニメシリーズ「ドキドキちゃんと7回の失恋」24万ドル(約2,700万円)最低保証20%調整された成長収益のライセンス権を得たとしよう

    これはドキドキスタジオのエピソードの製作費が25万ドル(約2,800万円)であると仮定してこのライセンス料に基づいた場合、ドキドキスタジオはアニメの1つのエピソードを作成するのに十分な収益を受け取ることを意味する。

    このシリーズの円盤を1枚60ドル(約6,700円)50万枚販売すれば、その収益は3,000万ドル(約34億円)だ!

    しかし、結論を急いではいけない……我々はそこから最小限の経費を差し引く必要がる。

    たとえば、アニメ「スキップ・ビート!」ではダビング(吹き替え)の際、1話あたり8,000ドル(約90万円)の費用が使用されている。

    それはシリーズの全エピソード12話をダビングするためには、約96,000ドル(約1千万円)の費用が掛かるということだ。

    ディスクを印刷するには1枚あたり2.00ドル(約220円)、円盤のタイトルを習得するには約4万ドル(約450万円)もの費用が掛かる。

    ダビングコストと製造コストのため、65万枚をコピーするのに1,436,000ドル(約1億6千万円)の費用が掛かったとしよう。

    これに加え、配給とマーケティングコストも同じく1,436,000ドル(約1億6千万円)別途費用が掛かる。

    円盤の売上3,000万ドル(約34億円)からこの請求を差し引くと27,128,000ドル(約30億円)が残り、これからさらに賃金として500万ドル(約5億6千万円)の費用を要する。

    また、その賃金を差し引いた22,128,000ドル(約24億8千万円)35%で課税する必要があり、これによって残った金額は9,383,200ドル(約10億5千万円)となる。

    それから、「Gajin Films」から20%調整された成長収益を得ることができる。

    これは「ドキドキスタジオ」7年間2,876,640ドル(約3億2千万円)を作り出すことができる可能性を意味し、平均で年間410,948ドル(約4千500万円)の収益となる。

    しかし一旦すべてが支払われるならば、これ以上は何もお金を生み出さない。

    また、これは円盤の売上、ライセンス契約が最良のシナリオで成功した場合での検証結果である。

    ライセンス契約次第では、微々たる収益にしか繋がらない可能性もあるし、円盤の売れ行きに左右される。

    このため、アニメ制作会社が円盤の購入を強く望むのであり、その理由に納得いただけただろう。

    訳注:なんか数字がごちゃごちゃしてて分かりにくいですが、要は約30億円盤の収益を上げたとして、それからもろもろが差し引かれて、アニメ制作会社の純粋な利益は約10億5千万円
    それと、ライセンス料として年間約4千500万円期間内は支払われますよってことだと思います。
    これは円盤50万枚売れた30億円の収益ありきの話であり、円盤を60万枚コピーして20万枚しか売れなかった場合、約12億円の収益となりますので、もろもろを差し引かれると7億5千万円赤字となります。
    これは7年間調整された成長収益約3億2千万円をプラスしたとしても赤字ですから、これらを踏まえると、円盤は日本で売れないとあまり意味がないと言われるのも納得かと。

    Sponsered Link

    法的なストリーミングサイトによる収益

    『だけど円盤はもう過去のものだ! 海外ストリーミングサイトで配信した方が金になるよね?』

    ……いいえ、違います。

    アニメ産業が法的ストリーミングで市場を伸ばそうとしないのには、実は大きな理由があるのだ。

    まず、ストリーミングのライセンス料は、円盤のライセンス料と比較すると格段に低くなる。

    オンラインライセンスは、1話ごとに1,000ドル(約11万円)~2,000ドル(約22万円)の範囲、シリーズ全体12,000(約135万円)ドル~24,000ドル(約270万円)の範囲で契約される。

    ストリーミングライセンスの場合、「ドキドキスタジオ」には成長収益は調整されないため、シリーズ全体のライセンス料12,000(約135万円)ドル~24,000ドル(約270万円)の収益を得ることができる。

    成長収益が調整されない代わりに、「AniStream」はそれに比例したロイヤルティを支払わなければならない。

    ストリーミングサイト「AniStream」がアニメの同時放送によって7.99ドル(約900円)の料金を支払う125万人の加入者を持っているとしよう。

    その場合、「AniStream」が経費とサーバー代を支払う以前、1月あたり収益は約9,987,500ドル(約11億2千万円)の収益となる。

    そこから単純に経費と請求額を低コストで支払ったとして、7,500,000ドル(約8億4千万円)の収益を得たと仮定しよう。

    その毎月の収益に比例して割り当てられた金額が、ロイヤリティとして日本に返還されるのだ。

    画像訳:だけど私はお金がない!

    たとえば、あなたが「AniStream」のサイトで視聴する時間を「ドキドキちゃんと7回の失恋」15%「忍者少年」45% 「ラグナロク:俺のことを好きすぎるイトコが俺の盾になろうとするから全く戦争ができない件」40%費やしたとしよう。

    そこから「ドキドキスタジオ」に加算されるのは、あなたの会費のわずか1.20ドル(約150円)だけである。

    では規模を広げて、冬季(3か月間)合計30%のトラフィックで5万人「ドキドキちゃんと7回の失恋」を観ているとしよう。

    「ドキドキスタジオ」は、このシーズンで359,550ドル(約4千万円)の収益を得ることとなる。

    だがこれは、そのアニメが中程度の成功を収めたケースに限られる。

    ほとんどのアニメは、1シーズンあたりの収益が359,550ドル(約4千万円)をはるかに下回っているのが現状だ。

    これがアニメ制作会社がオンラインストリーミングに参入しようとしない理由の1つである。

    円盤のほうがより多くの収益が保証されているのだから、そうなるのは当然かもしれない。

    Netflix(ネットフリックス)

    しかし、Netflix(ネットフリックス)がアニメ産業を変える可能性がある!

    同社はすでにアニメスタジオと提携してオリジナルシリーズを制作する計画を持っていると述べている。

    『Netflix』にはすでに8300万人の加入者がいると報告されており、1月当たり

    なんと7億4,717万ドル(約840億円)もの収益を上げているのだ!

    この巨額の収入額によって、『Netflix』「ケヴィン・スペイシー」「ギレルモ・デル・トロ」のような超大御所映画スターと提携することができているのだから驚きだ。

    ケヴィン・スペイシーとは:
    アメリカ合衆国の俳優、ロンドンのオールド・ヴィック・シアターの芸術監督。1990年代中ごろからは脚本家・映画監督・プロデューサーとしても活動している。
    wiki

    ギレルモ・デル・トロとは:
    ギレルモ・デル・トロ、またはギジェルモ・デル・トーロはメキシコ・グアダラハラ出身の映画監督・脚本家・小説家。
    wiki

    また、収益の額により、超大御所有名人や現地の広告主との提携を可能にし、『Netflix』がオリジナルシリーズを制作することができ、これにより彼らとアニメ制作会社の間には多大な柔軟性がもたらされることとなる。

    ほとんどのストリーミングサイトと同様に、収益は比例して分配される。

    そして「AniStream」のようなサイトとは異なり、この市場には莫大な資金の流入が約束されいるため、

    アニメが大ヒットする必要がないのだ。

    Netflix加入者のうち、わずか​​5%だけが「ドキドキちゃんと7回の失恋」を視聴したとしよう

    それは膨大な数には見えないかもしれない。

    だが、たったこれだけで1つのシリーズがどれくらいの収益を得るのか、みなさんはお分かりいただけるだろうか?

    37,308,500ドル(約42億円)である!

    視聴者がわずか1%だったとしても7,461,700ドル(約8億4千万円)を拠出するのだ。

    すでに「ポリゴン・ピクチュアズ」「トリガー」「Production I.G」Netflixとの独占ストリーミング契約を締結している。

    加入者の少数しかシリーズを視聴しなくても、これらのアニメ制作会社は、他のストリーミングサイトや円盤売上、海外テレビ放送よりも、Netflixを通じてさらに多くの収益を上げることになるのである。

    外国の全配給会社のうち、Netflixはアニメの制作システムを変えるのに十分な資本と合法性を持つ数少ない企業のひとつである。

    訳注:おそらく、37,308,500ドル(約42億円)というのは、Netflix加入者のうちの​​5%「ドキドキちゃんと7回の失恋」を視聴したときのNetflixの収益であり、「ドキドキスタジオ」へ支払われるロイヤリティの値段ではありません。
    約42億円から「ドキドキスタジオ」へ何%のロイヤリティが入るのかは、Netflixとのライセンス契約の内容次第だと思われます。

    要約

    現在、アニメの外国への配布は、多くのアニメファンたちが思ってるほど大きな収益を得てはいない。

    少しでも収益を上げたほうがいいのは勿論のことだが、日本企業が世界市場に尽力するには、そこから得られるものがまだまだ十分ではない。

    我々アニメファンは、愛するアニメを法的にもっともっとサポートしていくべきだ!

    翻訳元:GoBoiano GoBoiano-Facebook

    関連記事:
    損失額数100億!? 違法視聴によるアニメ産業の実情!海外「質の文句を言うなら、不法にアニメを見るんじゃない!」

    海外「かわいそう…」2015年度のアニメ産業の業界人の給料が少なすぎると話題に!【海外の反応】

    アニメ産業の実態!海外「若手アニメーターの半数以上が家族から経済援助を受けて自立ができないらしい!」

    海外「意外と知られていない破産・倒産していたアニメ制作会社をまとめてみた」→「え?あのスタジオが!?」【海外の反応】

    海外「『庵野秀明』経営のアニメ制作会社「カラー」が「ガイナックス」を提訴!借入金約1億円の支払いを請求!」

    Sponsered Link

    以下、海外の反応コメント

     

    Christina S
    GJ、Netflix!!
    アニメの救世主だ XD

     

    ・Kuriyama Nikki
    うぅぅん、ゲーム産業はどう?
    彼らは日本国外にゲームをリリースすることで収益を得てるよね。
    いったい何が違うの?

     

    >>Kuriyama Nikki
    ・TheDustyForest
    ↑ゲームをする人にとっては、ストリーミングでお金を出すという概念はないよね。
    違法視聴なんかもないし。
    デジタル販売であっても、物理的な販売と本質的に同じだから、すべての売上が真っ当な収益をもたらすんだよ。

     

    ・Nagumo Yasuo
    アニメを再び偉大なものに!!

     

    BL-senpai
    申し訳ないが、俺はこの記事の内容をほとんど理解できなかった。
    だけど、これらの数字が正しいなら、外国流通から利益をあまり得られないから、アニメ制作会社が世界市場に集中しない理由には確かになるね。

    だけど、俺の記憶が確かだったら、このサイトで海外ファンからどのくらいの収益を得たかっていう記事があったんだけど、 それは数十億あって主に中国からの収益って書いてあった。
    もうその記事を俺は見つけることができないんだけど。

    とにかく、なぜアニメ制作会社が海外ファンに焦点を当てていないのかを知る別の要因は、アニメ関連商品にどれくらいの額を費やしているかってことじゃないかな。

    海外は日本のファンと比べてアニメファンはそれほど多くないかもしれない。
    だけど海外ファンがアニメ商品に費やす金額は、アニメ制作会社がそれらに焦点をあてるのに十分なんじゃないかなぁ。

    訳注:アニメの収益の話題になると毎回、アニメ関連商品などの収益の話題が持ち上がりますが、アニメ関連商品がどれだけ売れようが、アニメ制作会社には雀の涙程度しか収益が入らないそうです。

     

    >>BL-senpai
    Aaron Magulick (GoBoianoライター)
    ↑私もその記事を見つけなければならないでしょうが、正しく覚えているのは、それは中国のストリーミングサイトBiliBiliがNetflixほどの収益を上げているからですね。
    さらに最近、特に中国ではオフィシャルグッズがますます一般的になっています。
    この記事では、ホームビデオとストリーミング権の配信について詳しく説明しています。

     

    ・Danny Gee (不明 男性)
    これがアニメ番組の多くが第2期を取得しない大きな理由なんだよね。
    特に日本で円盤や関連商品を買う人が十分にいないから、アニメ制作会社がたくさんのお金を損失してしまった場合、もう第二期を製作するのは経済的に難くなる。

    つまるところ、何かを制作するために1000ドルを費やしたけど、それから400ドルしか収益が得られなかったら、600ドル損したにもかかわらず、もう一度それを製作しようって思う? ってこと。

    アニメが漫画やラノベの原作の売上を大きく伸ばすような例外があるけど、ほとんどの作品は第2期を得るに至ってない。

    だから、記事が言うように、たとえそれで若干の広告に我慢することになるとしても、みんな法的に自分の大好きな作品をサポートしてほしいと思う。

    訳注:漫画、ラノベ等の原作の売上はアニメ制作会社に一銭も入りません。

    関連記事:
    海外「なぜアニメの第二期が制作されないのか、アニメ制作プロデューサーはTwitterで説明した。」

     

    ・Yukki
    俺はこの「ラグナロク:俺のことを好きすぎるイトコが俺の盾になろうとするから全く戦争ができない件」ってタイトルに爆笑してしまったwww
    good job!

     

    >>Yukki
    Landusk79
    ↑俺もwww
    「ドキドキちゃんと7回の失恋」でさえ、笑っちまったからなwww

     

    >>Yukki
    Darthjamesy
    ↑俺はどっかでそれを観た気がする

     

    >>Yukki
    Landusk79
    ↑英訳は何てタイトルなん!?
    どこで観れる??

     

    >>Landusk79
    ・Yukki
    ↑それはこの記事にあった創作のタイトルだよ。

     

    ・Bryll
    俺は日本のアニメ制作会社内に国際労働者がいるかどうかが疑問
    世界中に潜在的な市場があるかどうかを調査する人とか

     

    ・Anime Science 101
    これは俺が今まで見たアニメの世界市場について言及する記事の中でも最も素晴らしい記事だね。

     

    lrdalucard
    悲しいことに、Netflixは国の権利に縛られてるから、たとえアニメが製作されても母国語や対象となる国以外の字幕は利用できない可能性が大きいんだよね

     


    俺は未だにそれが世界市場に向かないってことになる理由がよく分からないんだが???
    これをすべて読んだかぎりで理解できたのは、彼らは海外への輸出、人々の購入、ストリーミングの収益に投資してて、その一部はアニメ制作会社に戻り、最終的にはわずかな利益が得られてるんだよね。
    それは全体の収益のほんの一部であるかもしれないけど、それでも利益はあるんじゃないの?
    どうして彼らは少しでも多くを稼ごうとしないで何もしないんだ?

     

    >>
    kouriiko
    ↑記事に極一部の成功例って書いてあるだろ
    ほとんどは赤字になる可能性が高いんだよ

     

    ・Ochaille Afterdark
    残念だけど、一部のファンは財政的にアニメ産業をサポートする余裕がなくて、発展途上国のファンにとっては提供される商品を購入するのは難しいんだよね。

     

    ・Tatskie Paez
    俺は漫画やアニメを買うのが好きだけど、彼らはここでは販売しない。
    我々の国では漫画が多少販売されているが、全部ではない。

     

    >>Tatskie Paez
    ・Randy Lim
    ↑だから、海外でのライセンス契約による利益が割に合わないから販売されないんだって
    お前らの購入数は多少は利益になるだろうが、けっきょく配給会社とのライセンス契約次第なんだよ

     

    ・Mai Duc
    寄付のためのウェブサイトを作る:
    俺はそのアニメが好きだったらアニメ制作会社に5ドルは支払うよ。
    おそらくその方法だったら、世界中から資金が集まるだろうからわずか1日で何百万ドルの資金を得ることができるぞ

    訳注:クラウドファンディングみたいなものですかね。
    映画「この世界の片隅に」などは、クラウドファンディングで成功していますね。
    人気アニメの第二期などのシリーズ制作にクラウドファンディングで支援金を募るのはけっこういいアイデアだと思いますけど、どうなんでしょうかね。

     

    ・Martin Quach
    海外市場は日本最大の顧客であり、俺が長年に渡って買い続けたすべてのアニメから我々を切り捨てようとするなら破産が早まるんだからな、ちくしょぅ…… X0

     

    ・Martin Quach
    NetflixとAmazonプライム・ビデオはFunimationとCrunchyrollよりもアニメを活性化させている 0.0

     

    ・Jordan Ryan
    お前ら、綺麗事ばっか並べてないで正直に白状したらどうだ?
    アニメが違法視聴や違法ダウンロードによってタダで入手可能だからって、ほとんどのアニメファンが金がないことを理由に作品に金を支払うことを拒否してんだろ。
    産業の窮地はアニメ制作会社のせいじゃないぞ
    お前らが大好きだと主張するアニメに金を払おうとしないからだ
    これはお前ら自身が生み出した結果なんだよ!

    関連記事:
    海外「海賊行為するのは仕方ない」『君の名は。』を違法アップロードした男が逮捕され海外で激論に!【海外の反応】

    海外「経済産業省が違法視聴対策のため専門監視員を雇用するぞ!」→海外「そんなんで我々の海賊行為が無くなるもんか!」

     

    ・Delroy Campbell
    俺は常に円盤を海外に販売するだけでは十分じゃないって思ってたんだ。
    外国人が日本のオタクと同じくらい多くのお金を使う意思がないのは単純な事実だからね。

    俺は世界市場で法的ストリーミングを使用するモデルが適切に適用される限り、この方法はまだ実用的だと考えてる。
    なかでも、Netflixが本当に良い選択肢であることもこの記事で理解できたしね。

     

    ・Alan Pagalan
    日本は国際テレビ番組、またはnetflixのようなストリーミングサイトを自国からも海外へ展開するべきなんだよ

     

    >>
    ・Martin Quach
    ↑日本にはアニメを海外に配信してるストリーミングサイトで「DAISUKI」ってのが1つあるけど、海外ユーザーは広告を表示して無料で観ることができるようになってる

    訳注:「DAISUKI」とは、日本のアニメ企業5社アニプレックスサンライズ東映アニメーショントムス・エンタテインメント日本アドシステムズと大手広告会社アサツー ディ・ケイ電通により2012年に設立された会社「DAISUKI.net」が立ち上げた、日本アニメを海外配信するストリーミングサイトの名前です。

     

    >>Martin Quach

    ↑「DAISUKI」ってスマートテレビ(Smart TV)でも観ることができる?

    訳注:スマートテレビ(Smart TV)とは、テレビにパソコンやインターネットの機能を加え、さらにそれを発展させたもののことです。

     

    >>
    ・Edbert Ong
    ↑「DAISUKI」も多くの問題を抱えてるからPlayストアのレビューを見て考えたほうがいいよ

     

    ・Jeffrey Benack
    日本は主な収入源を円盤に頼ることから抜け出さなきゃいけない

     

    ・Jeiikurisuu Rumpasuu
    フィリピンにはオリジナルの円盤がない
    なにさま、海賊版の円盤が普通にイスラム教徒によって売られてるからな

     

    ・Jordan Low
    またバカバカしいライセンス制限のせいかよ
    配給会社は摂取しすぎなんだよ

     

    ・Carlos Cardenas
    えええい、俺の全財産を持ってけぇえーい

     

    まとめ

    ライセンス事情にあまり詳しくないため、ライセンス料の6つのファクターが日本語で実際何と呼ばれているのか、情報量も少なくよく把握できませんでした。

    特に動画譲渡手数料(video transfer fee)調整された成長収益(adjusted growth revenue)ですね。

    ライセンスに詳しい人、または業界の方がいらしたら、ご教授いただければありがたいです。

    あと、記事のストリーミング配信の部分ではダビング(吹き替え)のコストが掛かるのか記述されてませんでしたが、そのコストは掛かるのでしょうかね。

    ほとんどのアニメは、1シーズンあたりの収益が約4千万円をはるかに下回っているのが現状ということなので、円盤よりもはるかに収益が低く、さらにダビングコストが掛かるのであれば、ストリーミング配信への参入にはなかなか踏み切れるものではないですね。

    微々たる収入でも、少しでも収入になるのなら参入するべきという外国人の方のコメントが多く見受けられましたが、おそらくストリーミング配信によるコストの記述がなかったためだと思われます。

    『Netflix』との提携は、アニメ制作会社にとってかなり大きい市場になるようですね。

    それでも5%の視聴者で約42億円の収益はかなり大きいです。

    30%の視聴者だと約252億円ですからね。

    ですが『Netflix』はアニメと提携し始めたばかりで、現在いるという8300万人の加入者のほとんどが海外ドラマなどの実写動画目当てに加入された方々だと思われますので、やはり5%行けばいいほうかもしれませんね。

    そして、提携したアニメによってNetflixの収益に約42億円の収益が得られたとき、アニメ制作会社にいくらのロイヤリティが支払われるのか。

    まあ、Netflixとのライセンス契約の内容次第でどうとでも転ぶ気がしますが。

    長くなりましたが、訳注やまとめはアニメ産業についてよく知らないくせに知ったかぶって書いてたりするので、至らない点がありましたらコメント欄で罵倒してやってください。

      Sponsered Link
      Sponsered Link

      79件のコメント

      •                 
        1
        匿名

        注約すごく分かりやすかったです
        ありがとうございました(`・ω・´)

      •                 
        2
        管理人

        コメントありがとうございます!
        そう言っていただけると、こちらもすごくうれしいです。

      •                 
        3
          

        まあ、無理にリスクの高い海外市場ですずめの涙を期待するより、
        日本国内で奮戦した方が収益も多いし安全ってことよね

        •                 
          3.1
          匿名

          国内のみでやっていけるから、無理に国外進出して無駄に揉めたくないだろうしな。
          でも、DVD商法も限界見えてきたし、ある程度は国外ネット配信に力いれると思う。

          •                 
            匿名

            視聴者がいれば、そこから金ふんだくれる方法を考えた方が早い
            日本だってTVやニコ動はCM付きで視てるだろ?

            •                 
              匿名

              と言うか根本的にYouTubeやひまわり動画、ようつべやAnitubeで
              日本のアニメを違法にうpできる状況を無くさない限り無理だろ
              Netflixに入れば問題は解決と言うが、アニメ見ている外国人は
              そのNetflixに月額いくらも金を払いたくないから利用しているし、
              おまけにYouTubeの広告料を稼ぐ為にアニメを利用している連中もいる
              そして厄介なのがSonyやアトラスが違法にゲームをダウンロードしたり、
              YouTubeにプレイ動画として流すのを取り締まろうとすると海外のハッカー、
              anonymousみたいな連中は「自由を妨害している」とイチャモンをつけて
              クラッキングをしまくるから、日本のアニメ制作会社にはそこまでの勇気は無い
              つまり何とかしたいのなら日本と日本のアニメ業界が自ら変えようとしない限り
              俺は無理だと思う、それこそネットでぎゃあぎゃあ騒ぐのは不毛な議論

        •                 
          3.2
          匿名

          少子化で給料も減る一方だし、いつまでも日本市場で支えられるとは思えない

      •                 
        4
        なお

        アニメ制作会社とスタジオが混在してる話だけど、実際は別です

        現在はただでさえ少ない製作費の半分しかスタジオに行ってない
        半分を先に抑えておくことにより、製作費の”回収”がまず先に行われる
        これにより、制作会社側の赤字制作なくなる
        本来は制作に使う金なんだだけど
        かわりに予算を全部使い込むことはなくなりますw

        まあ追加予算も一応申請できるから、修正等はできますがね
        (NHKは追加予算でないから放送時のまま円盤が作られる)

      •                 
        5
        匿名

        お金の事だけしか書いてないけど
        海外を視野に入れると規制とかさ
        人種問題や宗教やその他諸々海外の風俗を意識して作らないといけなくなるの
        海外のお金の為に自由に物を創れなくなるってのはたぶん厳しい話
        自分としても性差別や人種差別に配慮したような話なんか見たくないしね

      •                 
        6
        匿名

        海賊行為で兆の損害が出ている。有料ならその人間は見ないという人もいるが、別にそいつらが見たところで金にならないのだから同じこと。むしろ徹底的に規制した結果、その中の数パーセントが有料サイトに登録してちゃんと見ていたらそれだけで大助かりなわけで。実際にアニメを見る人は増えてイタリアなんかでは年に30万人集まるようなアニメイベントやフランスのジャパンエキスポ、去年はイラク、今年はサウジアラビアなどでイベントを彼らがやっていてるのに、数年前よりも百億以上海外売上が減っている。
        それでどうこう外人に言われたくはないな。

      •                 
        7
        匿名

        中国人、韓国人が今までやってきたことで解かる
        中国はすご~く大きな市場でって期待だけ煽って来たけど
        実際は中国人は金を使わない
        これでハリウッドはダメに成った
        もう首が回らないけど市場規模はすごいんだぞ~って今も言って何とか保っている

        製品でもソフトでも今まですべてがそうだった
        市場はでかいぞ!って言って大量に用意したけど実は買うやつなんか全然居ないからダンピング売りしてあげく廃れる

      •                 
        8
        匿名

        映画コンテンツやアニメだけじゃない
        中韓人ははったりで最初だけ大量に買って市場がでかいような偽装をする
        しかしそれは最初だけでその後は誰も買わない売れない
        そんな張りぼての市場が中国

        スマホや家電なんかもいい例で今世界中のあちこちの倉庫に大量に中国製があふれている
        それなのにまだどんどん作っているからもう値段なんか無いも同然
        日本メーカーは海外向け家電やスマホ撤退や縮小したのは大正解
        中国が死んだらまた作り出せばいいだけ

      •                 
        9
        匿名

         こういう記事を翻訳してくださり、本当にありがとうございます
        Netflixでの配信に光が見えて、くだらないファンサービスアニメが減ればいいんだけれどなあ

        •                 
          9.1
          管理人

          コメントありがとうございます!
          自分もNetflixにはけっこう期待しています。

      •                 
        10
        名無し

        ※5
        確かにお金の問題より、ストーリー製作上の国際的な規制や人種問題、宗教問題
        の方が大きいだろうな。
        日本国内のゆるい規制と日本人の知識レベルで作られる、キャラクターとストーリー
        だからこそ、面白いアニメが出来るわけだし。

      •                 
        11
        匿名

        海外は中国・韓国製の違法コピーDVDが普通に販売されている。アジアはもちろん北米市場でも同じディズニーは保護されていても日本アニメは無法地帯

        また根本的に価格も日本版とは違いたたき売りされている状況
        こんな状況でそもそも海外に力を入れる状況では無い

        外国人が日本のアニメ作品にあれこれ言う前にその違法視聴やら海賊版を廃止しない限り収益性がどうのこうのというのもおかしな話

        外国人が望むアニメを作ってほしけれ自分たちで作れって話だ

      •                 
        12
        ken

        外国人が日本のアニメ製作会社の運営方法にケチをつけるのはお門違い。 外国市場は、日本市場に比べて圧倒的に金を出さない。 何のかんのと言い訳を並べて、違法視聴を正当化しようとするクズばかり。

      •                 
        13
        匿名

        まあようつべでリアクション動画出してる外人もキスアニメやら
        どうどうと使ってるし、ドラゴンボールスーパーもフジの時報出てる
        動画見てるしな。

        アニメ会社が皆でサイト作って放送し、投げ銭システム付けて
        その話の投下された最低金額と最高金額だけ表示させて
        作品ファン同士が競って課金するようにさせるといい。
        ソシャゲでも何十万円課金したとかアピールしたがるやつがいるだろう。
        今ならけもフレの最新話がくるたびに今回五万円ぶちこんだ奴がw
        とかネットブログで話題になり、われもわれもと課金合戦始まるハズだぞ。
        そしてそのサイトのコメントやプロフイールアバターに使える
        キャラスタンプを作品ごとにガチャで販売する。
        例えばレムの極レアスタンプをサムネに使うとコメントでドヤ顔アピール
        出来るからリゼロガチャで鬼回しする奴とか出るだろう?
        そうやっていろいろお金を稼ごうよ。

      •                 
        14
        匿名

        ライセンスの話はともかく、クラウドファンディングに関しては
        海外のアニメファンサイトと連携して世界中から広く参加できるようになったら
        新作の企画自体は立ち上げやすくなるんじゃなかろうか、

      •                 
        15
        匿名

        やっぱり海外勢からお金を回収するなら支援金を募るのが一番だろうな
        ただ、支援金の礼として律儀に海外の要望を取り入れて変な作品を生むんだろうな

      •                 
        16
        匿名

        海外で売る以前に、作品の権利保護を徹底した方がいいと思うけどな。
        アニメもそうだし、アダルトも。
        アダルトなんて正当な利益を得る事が出来ればAV女優さんは大金持ちだと思う。

      •                 
        17
        匿名

        おれが外人だったらネットで字幕付きで好きなだけアニメ、タダで世に出てるほとんどの漫画が最初から最新話全て読めるサイトがあるこの現状で金なんてだそうとは思わないよ。こういう日本が手を出せない海外サイトがなくならない限り海外軽視は仕方ないこと。海外用にいろいろ準備するのだってタダじゃないんだから。そこまでしてのメリットを考えたとき、結果躊躇するのは当然だろう

      •                 
        18
        匿名

        過去の経験から海外でははした金でしか売れないから注力する気が失せたってのが本音だね

      •                 
        19
        匿名

        abemaとか海外でも展開すりゃいいのにって思うわ
        日本市場のみだとそもそもネット人口少ないから赤字だし厳しいだろって思う

      •                 
        20
        匿名

        まず日本で一箇所に権利を集中する組織を作る(民間が理想だが無理なので事実上国主導しかない)
        そしてそこにさえ加入すれば世界中で日本アニメなら過去から現在までの全ての作品を定額で見れるサイトを作る

        作品を視聴数などを参考にした変動式でいくつかの(Aランク~Dランクくらい)人気クラスわけしそのクラスにある作品数に応じたロイヤリティを各社に分配する

        このくらいやらなきゃDL方式で安定的な儲けを出すのは不可能

      •                 
        21
        匿名

        制作会社の意識が同人サークルの延長でしかないから問題なのでは。
        低賃金でも食っていければいいとか思ってれば、じり貧なのは当然。
        海外進出にしても、どこか海外の人頼み。
        自分たちの作品を世界に広めてやる、稼いでやるって気概がなければ未来はないよ。

      •                 
        22
        匿名

        外国で2話7000円の円盤を日本以上に買ってくれるなら全て解決するよ。

      •                 
        23

        アメリカの企業が製作委員会に入れば話は早い。
        それが出来ないってのは市場規模が小さいと判断してるからだろうな。

      •                 
        24
        匿名

        なぜなら世界に理解される=文化的背景関係なく誰にでも理解できるという浅いものだからだよ。
        アニメだけに限らずコンテンツは一部の人間が最大限に楽しめるものを追求するのが本当の在り方だから。
        だから世界に売ろうとしてるものなんて下らねーんだよ。

      •                 
        25
         

        海外向けに作って儲けが出るなら、海外の会社が日本の制作会社に仕事を依頼するよ。
        所詮、海外での収益は+αであって副業にすぎない。
        破格の海外DVD、BDはライセンス料を買い叩いて出してんだよ。
        しかも、そこからのバックは雀の涙か一括買い取り。

        海外が出すような金ではWEBFlashアニメのような風で揺れることもない、口だけ動いたりグラデーションのない塗りになるよ。

      •                 
        26
        匿名

        視聴率とれるならスポンサーもつくんだからNETFLIXでもなんでもやってくれよ。
        つか、日本の配給自体がリアルタイム配信や常時ネット配信(できるのに)やらない時点で
        海賊版はなくならねーよ。
        クラウドファインディングだって今すぐ出来る話だろう?(契約の問題でもあんのか?)
        日本の企業が今すぐ【出来ることもやらない』で、「海外での展開が~」なんて本末転倒
        実際、本気でやろうとしないだけだろ、言い訳ばっかりでさ。(業界関係者でもないのでエラソーですみませんが)
        ただね、海外でお金を稼ぐことは大事なことだよ。

        •                 
          26.1
          匿名

          自分もそう思う。
          日本企業が本気でやろうとしてないだけかと。海賊版は延々と増え続けるのに。
          韓国や中国のドラマでさえ日本にバンバン入って来てる訳だし、昔は日本も格安だろうが何だろうがアニメもおしんや西遊記みたいなドラマも欧米から中東まで幅広く展開してたんだから、規制だなんだ言っても今やれない訳はないと思う。
          じり貧だろうが日本市場でなんとかやってけてるから海外見逃してるだけかなと。
          ネットは日々進化してくんだからやれるなら何でもやって正当なお金稼いでほしい。

      •                 
        27
         

        海外視野に入れるとなると規制がきつくなることで、作風に影響が出るのが一番怖いんだよな
        子供向けのまっとうなアニメならなんとでもなるけど、海外で人気になるのはだいたいエログロバイオレンスアクションだし・・・

      •                 
        28
          

        アニメ産業が海外展開に腰が引けるのは、資金面の問題だけではないと思うよ
        国々の表現の規制問題が海外展開への致命的な阻害要因になっていると思う
        モザイクや差し替えなんて一々やってたら、オリジナル作品ではなくなり台無しになるからね
        そうなると当然、つまらないアニメになる≒収入の見込みや人気の期待値が大幅に下がってしまい、商売にならないんだよ

      •                 
        29
        匿名

        この記事では海外での展開は利益に結びつかないとあるが今のアニメ業界は
        国内だけではやっていくことはもう不可能で最近の海外配信で漸く収益が黒になるようになったと
        耳にしたが

      •                 
        30
        匿名

        1.そもそも言うほど海外でのアニメ視聴者が少ない(ネット上でオタクの声がデカいだけ)
        2.そのアニメ視聴者も現状多くが違法視聴している

        日本の視聴者と比較したら海外向けが成功するわけないんだよなあ
        せいぜいクラウドファンディングで資金稼ぐくらいが有効かな

      •                 
        31
        匿名

        実際海外視野で海外規制に合わせてたら、エウ゛ァ、マドマギ、fate、物語シリーズ、デスノート、サイコパス、アナザー、暗殺教室、ジョジョ、進撃、未来日記、キルラキル、コードギアス、寄生獣、エリフェンリート、ハイスクールオアデッド、監獄学園とかここらへんの系統作品は生まれなかっただろう。国によっちゃ残酷、暴力的と禁止アニメにされてるし。虐殺器官のような残酷な小説の映画化も難しくなるし、ビジュアルノベル系もきつくなりそう。今期の幼女戦記やクズの本懐は間違いなく引っ掛かるだろうし、魔王様、とあるシリーズや聖お兄さんやガウリールドロップアウトのような宗教を絡めるものも難しくなるはず。日本のバトルものはキリスト教系(主に悪役で。天使が悪とか)多いし、前期のドリフターズはほぼアウトだよね。リゼロなんかも残酷場面相当減らされたろうし、ユーリのような同性恋愛を匂わせるものも難しくなる可能性はある。競女なんかも無理。ガルパン艦コレGATEのような軍事系もアニメじゃ無理やろなあ。
        日本の規制のゆるさや突飛な発想なんかで生まれる作品は海外の規制じゃ生まれないし生まれたとしても作ったらまずいわけで、だからこそわざわざ日本のアニメ見てる人も多いだろうに、海外規制かけたら上記のような作品は消えるか相当ぬるい描写に書き換えられることになるんだろうな。

      •                 
        32
        匿名

        海外を市場にしたら今の作品ほとんど作られなくなるよ
        日本向けに作ってるから過激な表現だったり戦争物だったり、勧善懲悪でなくても作れたり、歴史物で変なとこあっても許してくれたりするものが突然変なクレームや裁判になったり、結局作りたがらないよ。

        •                 
          32.1
          匿名

          中国も最近京アニみたいな作画のアニメを作っているらしいが
          いかんせん共産主義国家なので「政府がラスボスなアニメは禁止、
          国家転覆を意識する作品はダメ、子供が見ても大丈夫な性的なシーンは
          指導部が検閲する、あと中国人に分かりやすいようにアルファベットを
          多用してはならないetc…」と、規制が多いから中国人は日本のアニメを
          違法に見るのを辞めないらしい(元々日本に金を出すつもりはないのも原因)
          だから日本でアニメが無くなったら、困るのは日本の隙間を狙って
          反日アニメを欧米に売り込まれるところだな

      •                 
        33
         

        あくまでも日本の視聴者向けに作られているから何でもアリの面白い作品が生まれるのであって、海外に売るという前提で作り始めたらアニメの面白さは半減する。
        ハリウッドの人種枠じゃないけど、「この作品は人種が偏っている、性別や体型も偏っている」とか「この表現は文化の盗用だ」とか「動物が大怪我する描写があった!動物虐待だ」とか「宗教を馬鹿にしている」とかとにかく色んな方面からの苦情殺到するから何にも出来なくなるね。
        現状ですでに「ドラゴンボールでガネーシャが破壊神扱いされた」とか「ポケモンは動物虐待じゃないか」とか煩い団体にイチャモンつけられているし。

        •                 
          33.1
          匿名

          昔から人権屋は難癖つけて金をとって生きている連中だからな
          奴らは食う為に情報をねつ造し、金を持っている国から金を
          奪う事で自分達の行為を正当化している

      •                 
        34
        匿名

        国内ですら一本化できずに地域格差がひどい現状なのに海外市場とか・・・
        複雑に絡み合った既得権益を手放せるはずも無く
        わりと本気で一回滅んでみたほうがいいと思ってる

      •                 
        35
        匿名

        企画製作の段階で外国企業が出資してくれないと海外向けの作品は作りづらいと思うよ
        外国の規制に合わせて日本でコケる覚悟がいるからね

      •                 
        36
        多分

        単に商売にして進出するほどには、まだ海外でアニメが広がってないだけなんじゃないの?日本のアニメが人気だとか言ってある程度のファンはいるとしても、全体で見ればまだ一部の人がアニメが好きってだけでしょ。もっと全体に広がれば進出する価値もあるんだろうけどーまあ言葉の問題とか、必死で売るには壁が大きいという感じよね。そこまでがんばる体力あるなら、日本のほうが顧客多いんだから日本国内で宣伝がんばって売るほうが手っ取り早い気がするーー。

      •                 
        37
        匿名

        >アニメが違法視聴や違法ダウンロードによってタダで入手可能だからって、
        >ほとんどのアニメファンが金がないことを理由に作品に金を支払うことを拒否してんだろ。
        俺はインターネットの登場でアニメは爆発的に広まったが、アニメの弱点はネットだと
        「一度見るだけでいいや」「どうせパソコンに焼けばいい」と安易に違法ダウンロードが
        可能なので、海外及び日本の視聴者は「金を出してみるもの」という認識が全くない。
        映画や音楽と違ってアニメの場合はどうしても収入源が絶望的に少ない。まず、
        ハリウッド映画は国際的にも通じる英語で映画会社が買って販売するから、
        違法ダウンロードでもある程度耐えられる。映画館に行かないと映画も見れないからな。
        しかし映画館に行くお客さんがいなければ衰退する。そして音楽だが、洋楽の場合は
        コンサートで生の声を聞く価値があるから動画で終わりと言うわけにはいかない。
        違法ダウンロードで音楽をダウンロードしたら収入源は下がるが、それでもアーティストは
        TV番組に呼ばれたり、まだ生き残る道がある。で、アニメ会社の場合は全く救済策が
        今のところない。ただでさえ電通などの広告会社による搾取とブラック企業並の
        労働環境では会社は長く持たない。おまけにつまらない脚本家がつまらない感性の
        スタッフによる自己満足アニメでは日本市場もどんどん縮小されていく。それに
        海外は宗教や女性の肌の露出などに厳しく、翻訳が悪いと内容の面白さが伝わらず、
        結局のところ、翻訳無しで英語が分かると楽しめるディズニーに日本のアニメは
        売り上げや知名度で負けてしまう。日本の人口減少プラス経済格差は今まで通りの
        やり方では行き詰るところまで来ていると思う。

      •                 
        38
        匿名

        どうせやっすい海外版のBDですら買わないもん
        クラウドファンディングで作って欲しい作品を募集するって形ならいいんじゃね?

        •                 
          38.1
          匿名

          自己満足アニメって最近すくねーじゃん
          むしろ俺はそっちのが見たいけどね
          売れ線狙い過ぎて似たようなの連発し、ラノベ漫画の原作青田買いしまくって畑枯らして売れ線の癖に売れないつまらないだからな
          作りたい物も作れず売りたい物も売れない
          これが娯楽の末路だよ

          •                 
            匿名

            あ、一個ズレてた
            ※37に対してのレスね

          •                 
            匿名

            >自己満足アニメって最近すくねーじゃん
            最近すくねーって言っているって事は多かった事を認めるんだが

      •                 
        39
        匿名

        アニメの海外市場のアレコレがどうなってるのかは以前から興味あったので、深い記事を翻訳してくれて管理人さん本当にありがとうございます!

        YouTubeでさえ違法UPが溢れてて「日本なんとかしろ!」と思ってたけど、素人が思ってたより色々難しいんですね…。
        かと言って、日本企業がリアルタイム配信やネット配信充実させないと違法UP側にタダでお金吸い取られてく現状は今後益々加速しそう。
        クラウドファンディングやNETFLIXでの成功例があるならアニマTVでも何でもいいからもっと日本側が積極的に行かないと。いつも日本はこと商売となると出遅れて他国にいいとこ持ってかれる印象が…。

        漫画の海外市場の記事などもありましたら翻訳期待しております。漫画もそれこそ’80年代から直近のマイナー漫画まで違法翻訳UPされてて愕然としたので。

        •                 
          39.1
          管理人

          コメントありがとうございます!
          漫画市場でしたら、以前に米国市場ですが翻訳記事を取り扱いました。
          他にも漫画市場の海外記事があるか調べてみますね。
          けっこう探せばあることはあるんですが、外国人の方のコメントが付いてなかったりするんですよね。

          ちなみに、こちらが以前翻訳した漫画市場の記事です。
          海外「米国の漫画市場が驚異的に成長!」米国の漫画売上、前年比87億円増!3年連続更新!【海外の反応】
          http://darekare.jp/manga/u-s-manga-market

          •                 
            匿名

            ご丁寧な返信ありがとうございます!
            米国の漫画市場の記事あったんですね。さっそく読んでみます。
            フランスは結構マイナーな漫画もちゃんと出版されてるんですよね。漫画市場ももっとなんとかなるといいなあ。。

      •                 
        40
        匿名

        Netflixがんばってくれ~

      •                 
        41
        匿名

        あとパチンコマネーがある
        これがまた意外とでかいんだよな・・

      •                 
        42
        匿名

        内輪でやってることを外から見るのが面白いのかもしれんけどねえ
        表現や規制も色々他国に配慮しなくちゃいけんし
        と思う一方、内輪でやってる分ジャンルが煮詰まってきてる感じはあるから海外向けのスタジオと国内向けのスタジオが共存できれば良いと思う
        萌えとかラノベアニメなんてのは国内向けだし
        ネトフリ契約してる会社ならポリピクはSF、トリガーはアニメ+カートゥーン、IGはドラマやサスペンスが得意だったりするし良い感じだね

      •                 
        43
        匿名

        日本のアニメ産業がそれだけ資金的にカツカツなら、3ヶ月毎に4,50本もの新作アニメが作られ続けてる原動力って一体何なのかって思う。

      •                 
        44
        匿名

        >>43
        スポンサーが求めてるからというのもあるだろうけど
        自転車操業ってそういうもんだよ・・・
        どこの業界でもね

      •                 
        45
        匿名

        フィギュアとか制作会社に金入らないグッズ買って応援してるつもりのバカ害人は自分が思ってるほど貢献してないことをまず知ろうね

        •                 
          45.1
          匿名

          君は社会になんの貢献も出来ていないうえに必要ともされていないクズだという自覚を持とうね

      •                 
        46
        匿名

        外国人向けに作れば日本では受けん所か
        あえて外国意識した結果外国でも受けないとかあったし
        日本人向けに日本人が面白いと思うものを日本最優先で作り売るのが1番儲かるに落ち着いた
        それに海外は違法売買と違法視聴が多くて話しにならん

      •                 
        47
        匿名

        Netflixでの収益性の話になってから
        どんぶり勘定感・皮算用感が跳ね上がってる感じが
        契約内容が表に出てない(当たり前)って話なんだろうけど
        それこそ何らかの訴訟が起きれば表沙汰になることもあるか
        前半の試算の参考元みたく

      •                 
        48
        匿名

        単純に最近アニメの作品数が多すぎると感じるよ
        1、2クールで様子見して売れたらシーズン2、3と続けたいのはわかるが大半は無いまま終わる不人気作
        作品が増えすぎて見ない作品が多くなったりブームもすぐ終わったりそれが原因だよ

      •                 
        49
        匿名

        まぁそういう経済的な理由だけじゃないけどな
        海外配給を前提に作品を作るとなると海外視聴を前提としたストーリー、演出になってしまう危険がある
        少ない利益のために作品の質が落ちるなんて割に合わない

      •                 
        50
        匿名

        シナも朝鮮も日本に成り代わりアニメで儲けよう?と画策している様だけれど
        律儀に円盤買ったり正規配信で見てる人が大多数の日本でさえこの有り様
        仮に良いものを彼らが生み出せたとして、お先真っ暗なのは自明の理なのに
        先を見据えて規制を強化しようとか考えないのかねぇ?
        まあ、映画もドラマも映像コンテンツ全てに言える事だけどね
        映像で儲けるのはどんどん難しくなっていくのは言われて久しいけれど
        何とか支えてあげられないかと思案する米欄をみて少しホッとしましたわ

      •                 
        51
        匿名

        >ディスクを印刷するには1枚あたり200ドル
        これは正しくは2.00ドルですね

        >海外ファンからどのくらいの収益を得たか、 それは数十億あって主に中国から
        業界団体が公表したデータだと、海外売上の増加分の8割が中国から来てる
        とは言え、中国の動画配信サイトは赤字のところが多いから、将来どうなることやら

        海外規制についてのコメが多いけど、リトルウィッチアカデミアのネトフリ配信が延期されたのも、
        その辺の手直しをしてる暇が制作現場に無いからかなと想像してる
        4chanにスタッフが降臨したときも、放送局とは違うネトフリ独自の規制が多いって言ってたし
        ポリゴン・ピクチュアズは昔からアメリカ発注の仕事してるから、慣れてるんだろうけど

        •                 
          51.1
          管理人

          ご指摘ありがとうございます!
          すぐに修正させて頂きました!

      •                 
        52
        匿名

        4chanのアニメ板にスレ立つ時に1がtorrentファイル貼るとか普通だからね
        これクリックしてダウンロードして見たらスレに感想書き込めって意味
        しかも誰もそれをとがめないどころかThanks!の嵐っていう

      •                 
        53
        匿名

        長く大手制作会社で監督してた友人も、会社辞めざるを得ない状況だそう。
        人気作品をいくつも手掛けてきたけど、採算は合わなかったみたい。
        辞めた後は、同業他社の若手有望株を全て誘って米国で新会社を作りたい
        とのこと。アニメ業界には全く詳しくないけど、そんなに悲惨な業界なのか?

        •                 
          53.1
          匿名

          なんですぐばれる作り話をするのか。

      •                 
        54
        匿名

        頼むよアマゾン、グーグル、ヤフー

      •                 
        55
        匿名

        個人的には海外への配信はポリコレがうるさそう

        •                 
          55.1
          匿名

          海外視野で海外資本になったら、ポリコレの影響は免れないだろうね
          アニメに限ったことではないけど今までだって日本社会の雰囲気からの自主規制があったわけだし
          シェークスピア劇の配役に人種を配慮しろという欧米社会の雰囲気にさらされるわけだ
          柔道がJUDOになったように、アニメがAnimeになるんだろう
          明確なルールがある競技でない分、なんでもあり(雰囲気)でAnime化するのではないかと思う

      •                 
        56
        匿名

        二期はクラウドファンディングで良いじゃないですかね

      •                 
        57
        匿名

        この論理はおかしくない?
        契約者が多いので視聴者の占める割合を1%も稼ぐことが難しいって話に見えるんだが。
        海外のアニメファンって人口に占める割合が1%超えてる?

      •                 
        58
        匿名

        スタジオへの寄付みたいな感じなら
        する外人は結構いそうだが難しいんだろうな

      •                 
        59
        匿名

        >財政的にアニメ産業をサポートする余裕がなくて

        金がないのは市場がないと同じなのよね

      •                 
        60
        匿名

        これ、ステマと違うのん?

      •                 
        61
        匿名

        違法試聴について意図的に無視してないか?

      •                 
        62
        匿名

        違法試聴は日本も多いよ
        お前らだって決まった時間にアニメ見ないだろw
        海外の方が金を払ってアニメ見てる人は多いんだぞ
        アニメとか配信してるサイトがあってそれに登録してる外国人は多い
        月々500円とかで日本で放送されてるアニメが見放題ってやつね

      コメントを残す




      【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)