Sponsered Link

海外「中国産はすべてデマ」中国の「ワンピース」実写化がデマと判明して外国人が呆れる【海外の反応】

中国の企業ニュースリリース配信会社「ビジネスワイヤ」は16日、人気漫画「ワンピース」が中国で実写映画化されると配信しましたが、BuzzFeedの取材の結果、映画化の事実はないことが判明しました。
この事実が海外の記事でも取り上げられ話題になっていたので抜粋。


Sponsered Link

どうやら中国のワンピース実写映画はデマのようである。

jttypmbsow8caeyo23pa

企業ニュースリリース配信会社「ビジネスワイヤ」は16日、人気漫画「ワンピース」が中国で実写映画化されるとのリリースを配信した。しかし、BuzzFeedの取材で映画化の事実はないことがわかった。

【BuzzFeed Japan / 徳重辰典、山光瑛美】配信されたリリースでは、上海を拠点とする中国企業のShanghai Minghuan Investmentが「ワンピース」の著作権を作者である尾田栄一郎氏から16億円(1510万米ドル)で購入し、実写映画化を計画中とある。

配役については、俳優の窪田正孝が主人公モンキー・D・ルフィを演じ、ヒロインのシャーロット・プリン役を中国のアイドルグループ「GNZ48」の謝蕾蕾が演じるとされている。

会社ホームページによれば「ビジネスワイヤ」は60社を超える国際通信社との提携しリリースを配信しており、ワンピース実写化のニュースは時事通信のニュースサイト「時事ドットコム」やアメリカの「Yahoo!ファイナンス」にも掲載されている。

リリースを見て、ワンピースファンなら疑問に思う部分があるはずだ。

ヒロインとされるシャーロット・プリンは原作漫画につい最近登場したばかりのキャラクター。実写映画のヒロインならナミやニコ・ロビン、せめてハンコックなどの定番キャラを選ぶはずだ。またリリースに使われた謝蕾蕾の合成写真もあまりに素人っぽい。

BuzzFeedがワンピースを発行する集英社に問い合わせたところ、広報担当者は実写映画化について「そのような事実はありません」と完全否定。作者の尾田氏からも映画化の連絡などは全くないとした。

BuzzFeedではリリースに書かれた上海の企業「Shanghai Minghuan Investment」の電話番号に問い合わせた。だが、出たのは会社とは全く関係のない女性。しかも上海ではなく、北京在住だった。

書かれていたメールアドレスも中国のフリーアドレスで、メールを送ったところ宛先不明でメールが戻ってきた。

なぜ、でたらめなワンピース実写映画化のリリースが配信されたのか。

ビジネスワイヤの日本法人「ビジネスワイヤ・ジャパン」はBuzzFeedの取材によって、この事実を知ったという。「中国法人がクライアントから送られたリリースを翻訳して配信した」と説明。クライアントの発表については、誤字脱字などのチェックはするが、リリースの事実確認までは行っていないという。

リリースを放置すれば、ワンピースの映画化を信じるファンも出てくるが「中国側のクライアントの指示がないと日本法人としては記事を消すことができない」と削除は行わない。ただ「集英社側から何らかの連絡があれば、動きようはあります」と話した。
YAHOO!ニュース

rtu70fb3iktbvwosxghs訳注:上記画像は、ヒロインの「シャーロット・プリン」役を演じる定であった中国のアイドルグループ「GNZ48」の『謝蕾蕾』さんです。

翻訳元:KOTAKU KOTAKU-Facebook

以下、海外の反応コメント

 

・Araisikewai
まあ、国際的なキャストを用意しない時点であまり興味ない実写映画だったし。
すべてが日本人、またはアジア人のキャストで映画を製作すること自体が間違い。

尾田は前に、ルフィはブラジル人だと述べていたのに

 

>>Araisikewai
・JonathanEconomos
↑そうだね
そして「進撃の巨人」のミカサは、最後に生きのこった日本人であったはずの設定が………

 

>>Coba Fesbuk
・Araisikewai
↑言わせてもらうと、「鋼の錬金術師」や、浦沢直樹の「Monster」、「PLUTO」、「BILLY BAT」、そして「ワンピース」みたいな映画になったら素晴らしい漫画を忘れて、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の実写映画化に取り組むハリウッドの傾向は理解できないね。

 

・thomaspomprice
これが膨大なデマである最大の証拠は、「シャーロット・プリン」がの1000以上の話数に上るシリーズのなかでも非常にマイナーなキャラクターであるということだ。

 

>>thomaspomprice
・Jango_the_Blue_Fox
↑俺もまったく同じこと思ったよ
彼女の名前を初めて読んだとき、「これはいったい誰なんだ?」って思ったからね

 

>>thomaspomprice
・Cridia
↑これが中国である
そこでは著作権法は全く意味を成さない

 

>>Cridia
・thomaspomprice
↑全く意味を成さないだろうが、どのみち中国は想定された以上の予算が映画製作に必要となると分かって、国家の恥を避けるために制作段階に達する前に頓挫するだろうね。

 

・Jean-Luc PicardoBrian Ashcraft
真剣な話、どうやって1997年以降すべてのストーリー背景をカバーできるってんだ?

 

>>Jean-Luc PicardoBrian Ashcraft
・Cridia
↑まあ、単純に考えて無理だろう

 

・popsiclezeratul
どうやら中国のワンピース実写映画はデマのようである。(記事見出し)

 

・poltergeist44s
もし中国が「ワンピース」映画を製作しようと思ったなら、わざわざ版権やその他の著作権のライセンスを買うようなことをしないだろうと確信している。

 

・Finbar
16億円という額だけみても、デタラメだってことは十分にいえるね。

 

・Calvin
ははははっ、中国はクソだな

 

・Mark Ferreol
その中国から、とにかく我々は何を期待すればいいんだ?

 

・Jack Cox
なんだこれは中国のイタズラか?
俺個人としては、かなりショックだったんだが

 

・Leon Fook
彼らが詐欺の投資家のお金目当てにこういったデマを使用するのは別に驚くことじゃない。
結局、彼らには海を回る「将来の億万長者」を名乗った者たちが存在していて、ネズミ講式販売で人々を利用している詐欺者どもに騙されたヤツがお金を捨ててるようなもんだ。

 

・Ronald Zimmerman JR
なんと言われようと、中国のドラゴンボールの映画は素晴らしいものであった。

 

・Brian Maldonado
中国で作られるものは、全てがデマである。

 

・Mudbud
中国の「ワンピース」の映画?それは必ずしもデマではない。

「ライセンス」を得た中国の「ワンピース」の映画?それは間違いなくデマである。

 

まとめ

さすが中国といったところです。

もう狙ってるとしか思えません。

Sponsered Link
Sponsered Link

9件のコメント

  •                 
    1
    匿名

    京劇なら見るぞー
    歌舞伎は2万円近く出した甲斐はあった

  •                 
    2
    匿名

    ブラジル人だと述べていた?は?イメージ国なだけだぞ
    外人って漫画の国籍気にし過ぎだけどほとんど◯◯かぶれの日本人だからな
    ちゃんと出身国設定ある漫画だけで国籍論争しろハゲ

  •                 
    3
    匿名

    日本の映画会社に作らせるよりも、
    いい出来の作品になると思う。

  •                 
    4
    名無し

    16億じゃ尾田の年収にもならんぞ

  •                 
    5
    匿名

    >その中国から、とにかく我々は何を期待すればいいんだ?
    おまえらのほとんどは中国人が違法アップロードしたアニメや漫画を英語に翻訳して違法視聴してるだろ
    バカにしてる中国人と同じ穴のムジナ

  •                 
    6
    特命

    ルフィなら菅田将暉だろ

  •                 
    7
    匿名

    詐欺にあったのかも
    集英社や尾田サイドにコネがあるからとか言われて金を騙し取られたとか

  •                 
    8
    匿名

    通常は版権を買うのに著作権を16億円で買ったとか
    凄い変なこと言ってたよね。
    詐欺臭かったわw

  •                 
    9
    匿名

    どこぞの国もそうだがなんで嘘つくねんw

コメントを残す




【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)