Sponsered Link

海外「わたしのお金を持っていって!」映画『デスノート 2016』のトレーラを見た海外の反応!

2016年に全国公開される映画『デスノート 2016』のトレーラーが海外でも話題になっていました。


Sponsered Link

デスノートの実写映画が、ガンツ佐藤信介監督による2016の続編を取得した

2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE‐ デスノート‐』の10年ぶりの正統な続編として、完全新作映画『デスノート 2016』が製作されることが決定しました。
『GANTZ』や『図書館戦争』シリーズの佐藤信介監督がメガホンを取り、2016年に全国公開される予定です。

今作では、世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった現在、2016年を舞台に、前作で藤原竜也が演じた夜神月と、松山ケンイチが演じたLの「DNA」を受け継いだ新たなるカリスマが登場するとのこと。

今回の映画化を決定づけたのは、原作にあるデスノートの“6冊ルール”からです。
それは「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も6匹まで」というもので、地上に舞い降りた6冊のデスノートをめぐる壮絶なバトルが繰り広げられます。

翻訳元 あらま!JAPAN ANIME NEWS NETWORK

海外「おもしろそう!」映画『デスノート2016』の主要キャスト3名が発表!海外「竜崎がカッコイイ!」【海外の反応】

以下、海外の反応コメント

 

・trufax
もう十分だ。間に合ってる

 

・Jo
No Matsuyama no party
get

 

・Kokoro Ai
お願いだから辞めてくれ!!!!
必要ない……。
アニメの映画シリーズは「進撃の巨人」でもうたくさんだよ

 

・Hlynb93
ライト役の俳優はかなり醜い
彼の配役は耐えられないよ
彼らは他の誰かを選ぶべきだったんだ

 

>>Hlynb93
・percha
↑それは失礼だけど、同意するわ xD
演技が上手い俳優よりも有効的なのは、本当に良いビジュアルが好まれる。

 

・apples
それよりも、2015年のドラマの方をもっと多くしてほしい

 

・Rotten Apple
彼らは、窪田をライト役に配役するべきだったのよ……
窪田は、藤原よりライトの役割に適しているわ

 

・hotaru hime
この映画が過去の映画+新しい配役の再生から成ると仮定しているよ。
これが元の正式なデスノートムービーの続編のようなものだと思ってくれ。
この映画を楽しみにしてるよ

 

・Nikki ok
ワクワクするサウンドね
すごく楽しみにしてる :))

 

・Taima-kun
ぼくは漫画を読んでないから、プロットにこの試みを与えるのには喜んでいるよ

 

・Kyasha
ってか、もしかしてマツケン(MATSUKEN)とタツヤン(TATSUYAN)が話してない?
もう、わたしのお金を持って行ってちょうだい♡

 

・Yendy Wimolsaeng
今現在、2015年ドラマや映画はすでに出ている。
おれはデスノートの大ファンだし、それを監督がどこまでやれるか興味深くはある。

 

・Ryusei
なんも言えねぇ

 

・Tenshi Ippikiookami
それは最後のテレビシリーズとして、お金を稼ぐ必要がある……。
また、他のアニメも映画化に適応させるため、それを応援したいと思うけど、その後、「進撃の巨人」と同様にそれでファンを喜ばせることは簡単ではないよね

 

・leven_heap
ストーリーは分からないが、オリジナルキャストを使用しているなら、おれは間違いなく見に行くつもりだ
だけど、それが夢にすぎないと分かっている
「ガンツ」の監督の仕事に基づいて、プロットが最適だったなら、前向きに期待しようと思う。

 

・Thomas
彼らはすでに乾き切った漫画で、甘い汁を吸い続けてるな
映画を期待してはいるが、日本は漫画/小説脚色をするよりも、むしろより多くのオリジナルが必要だと思う……。
俺が考えるに、彼らは時折、「居心地の良いぬるま湯」から一歩踏み出さなければならない。

 

>>Thomas
・Kyasha
↑たぶん問題なのは、日本が「デスノート」と「進撃の巨人」ほどの斬新なコンセプトを持っていないことだろうね

 

>>Kyasha
・Thomas
↑うん、彼らはむしろ、すでにファン層を持っているものを適応させたがる。
原作を好きだったものが、映画に興味を持つようになる特定の観衆が彼らには約束されているからな
だけど、こういった多くの漫画の脚色は、申し訳ないが本当に最悪な一途を辿っている(たとえるなら新劇の巨人)

 

・FackuIkari
だけど……ライトがすでに死んでいるのに、彼らは何をやるつもりなんだ?

 

・the-antihero
まあ、漫画で新しいキラが登場するから、彼らはその上で展開するつもりだと思うよ

 

・SaiyamanMS
ライトとLは両方とも死んでいるってのに、一体誰が対決するってんだ?
元の映画から誰を持って来れるんだ?
総一郎とミサが出ると思う……?
そしてもちろん、リュークも。あと他に誰?
ニア、またはメロが関与する可能性がある場合、おれは疑問に思うよ
「L change the WorLd」でも、彼らは近くいたか………?

 

>>SaiyamanMS
・relyat08
↑それは、それらのDNAを受け継いだ人のストーリーだと記事で述べているよ
正直なところ、このプロットは酷いね……どうみても、無理やりすぎる
おれはこのアニメが本当に大好きで、原作が長い間とても人気だったことがうれしい……だけど、これはバカげているよ。
彼らのDNAをもつ人々は、合計6人の競争者と最後まで戦うのか?
まるでつまらないバトルロワイヤルみたいだ
ありがたいことに、それが存在することを(本当に良いことがどうか分からないい限り)おれは無視することができる。

 

 ・Яeverse
ライトとLが実際にセッ○スしたように、私のなかで永遠のカップリングよ
彼らの息子は素敵なの♡

 

>>Яeverse
・Agent355
それは2つの無関係の人が何らかの形でライト& LのDNAを「継承」したとして 、こんなバカげたプロットは理に適ってないよ
DNAは、作家の運命ではない (DNA is not destiny, writers.)
将来的に、2つの完全に無関係なキャラがライトとLに触発されたとするなら、ライトとLは確実に歴史の本に書かれていたはずだから、より多くの意味を成していたと思うけどね。

DNA is not destinyとは:
ラーズ・オロブ・バイグレン博士の言葉で、我々は人生でどんな経験をしても、(例えば記憶消失、大食い、肥満、短命等)、その経験はDNAには残らないという原則です
言い換えると、自分の子供の遺伝子はコンピューターで言えば初期化した状態になることを意味します。

 

・KH91
その代わりに新しいガンツ映画に取り組むことができただろうに。

 

・pachy_boy
ううん、まず最初に、おれは見出しを読んで呆れていたんだ
ところが、概要(それが前の物語より壮大であるようなんだ)を読むと、即座に興味をそそられることになった。
それはワーナーブラザーズだから、もし北米の誰もがそれを視聴しなくたって、うまくいけば、英国がリージョンフリーのブルーレイリリースを持つことを意味するんだ
最初の2つの映画と同じ世界観で撮影され、ガンツの映画製作者によって監督される新しいデスノートムービーは、偶然にも両方とも映画二部作であり、心から好きなものだった。
とても楽しみだよ!

リージョンコードとは:
DVDメデイア、またはブルーレイにはリージョンコードが付いています。
国によって番号が違いますが、日本は確か2だったと思います。
これが違うと、持っていても再生出来ない……なんてことになりますので、海外から映画を輸入される方は注意が必要です。
リージョンフリーのDVD、ブルーレイプレーヤーであれば、どの国のメデイアも再生可能という意味です。

 

・maximilianjenus
もしくは、ライトの妹かもしれない (^O^)

 

・Razor/EdgeJoined
うわー、このプロットは恐ろしいな
彼らはどうやって6冊ルールをベースに映画を作るんだ?
デスノートが大好きだけど、これは残念だよ
それで、これは映画中での世界観の続編でなく、その後のテレビシリーズの世界観だと思うんだけど

 

・Animeking1108
ライトの妹が何とかデスノートを持っているなら、それが意味の成し得る唯一の方法だ。
第二の映画のエピローグは、光が一年後に彼女を叩き起こした兆候もなくミサを示した。
そして、LのDNA?
彼らはニアを混ぜることができなかったのか?
彼は映画の続編には存在していないように見受けられる
彼らがもう一つの映画を製作したいならば、新しいキラになる魅上照や、彼を追い詰めるメロ、そしてニアを登場させるべきじゃないのか?

 

>>Animeking1108
・SaiyamanMS
↑正直なところ、粧裕(さゆ)は常に物語の中で大きな役割を持っているはずだと興味を持っていたキャラなんで、おれはそれを強く推したいと思う
そして第2部の映画は、総一郎がキラがライトを殺したと彼女に話して終わったから、彼女が兄についての事実を学んだら、一体どうなるのか見ることが楽しみだよ。

 

・Apollo-kun
僕はたぶん、少数派だと思うけど、すべてのデスノートメディアのうち、実写映画は常に僕のお気に入りだったよ。
彼らは大げさで、道理が合わなくて、そして最初から最後まで面白かったけど、間違いなく張り詰めた緊張と、原作材料の基本的な道徳的な葛藤を維持していたんだ。

あのね、この新しいプロットは完全にバカげて聞こえるか?
それでも、僕はクールだと思うよ
なんであれ、映画が面白ければ、そんなの気にしないね

最終的に僕は、これには本当に期待しているということだ。

 

・GATSU
要約すると、彼らはデスノートを集めるまえに、ドラゴンボールを集めることにシフトしたんだな。

 

・anime racket
ぼくは最初の原作者が書いてくれるなら、漫画の新しい続編を好むんだけど、このサウンドは本当にクールだね

 

・Ambimunch
これがアニメの続編だったら見ると思うけど
そうじゃなければ、彼らはただ、ライトとLから甘い汁を吸っているだけだよ

 

まとめ

今回、『デスノート2016』のトレーラーの記事を見ていて、前作の映画も意外と海外の方に見られているんだなと気付かされました。

Sponsered Link
Sponsered Link

コメントを残す




【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)