Sponsered Link

海外「発狂するほど笑った!」自主制作した「ドラゴンボールZ・フリーザ編」の実写映像がおもしろすぎると話題に!【海外の反応】

youtubeの人気チャンネル「Mega64」が公開したドラゴンボールZ・フリーザ編の実写版が海外で話題になっていました。


Sponsered Link

「Mega64」自主制作、Dragon Ball Z フリーザ編 動画

「ドラゴンボールZ・復活のF」のアメリカ劇場公開にちなんで「Mega64」が自主制作したフリーザ編。

非常にコミカルな作りになっていて、かなりバカバカしいですが、おおよそのストーリーに沿っており、おもしろい出来となっています。

海外「みんな、ドラゴンボールZ実写版:フリーザ編を見てみてくれ」

・Alistair Carnell
誰かこいつらにドラゴンボールの実写版を作るためにライセンスを与えるべきじゃないか?
ar0GweXK_700w_0

↑これよか数倍優れているだろ

翻訳元 9gag.com

以下、海外の反応コメント

 

・peekaboojesus
↑なんてこった、ジーザス……。
おれたちは、それを忘れるべきだ

 

 

・19931109
この映画は、俺の予想の右斜め上をいきやがった。
それがどうして悪い!


・chanchinimc
ドラゴンボール・レボリューションより遥かに優れているな

 

 

>>chanchinimc
・toocoolzor
↑エボリューションな

 

 

・op_nicolas_cage
a6BwqbLB_700w_0

 

 

・DeadPool_v2
低級コスプレ :D

 

 

・jrmigale
axmro62P_700wa_0

 

 

・chinvidel
実をいうと、これを見てめちゃくちゃ楽しめたよ……。
aGjY3xVX_700w_0
ドラゴンボール・エボリューションより遥かに良いね
ああ…ちょっと待ってくれ……その映画、ドラゴンボール・エボリューションは本当に存在したのか? おれは悪夢を見ていたんじゃないか?

 

 

・THe_BoNoNo
az0VwD4w_700w_0

 

・feakhelek
フリーザはスプーンキラーのことを思い出す
spoon_killer-610x400

spoon killer(スプーンキラー)とは:
「非常に非効率な武器と恐ろしく遅い殺人者」
という題目のもと制作された短編映画。
22日間にわたってカリフォルニア州で完全に撮影され、2008年にリリースされました。
監督は、ナレーションも務めるリチャード・ゲイルです。
タイトルに「非効率な」と書かれるその武器は、殺人者の名前からも分かるとおりスプーンです。
フィルムは審査員特別賞を受賞したオースティンファンタスティック映画祭、最優秀短編映画賞ファンタジア映画祭、および市民チョイス賞、短編映画のための大賞富川国際ファンタスティック映画祭でのよる2009年の最優秀短編映画と、数々の賞を受けています。

・「非常に非効率な武器と恐ろしく遅い殺人者」

 

 

・bazzychat
ドラゴンボール・エボリューションよりはまだ良い

 

 

・pol3d
カメラマンは、これまでにない素晴らしいビジュアルと音響効果を出している!(笑)

 

 

・lockonstratos88
aqz32597_700wa_0

 

・interuni321
NO NO NO NO!なんてこった!
おれはカメハメ波を待っていた T_T
ドン引きだ!

 

 

・louisemicah18
ライアン・ヒガのよりは良いな :/

photoライアン・ヒガとは:

 

 

ライアン・ヒガは、ハワイ島ヒロ出身の日系アメリカ人。
高校の同級生のショーン・フジヨシや数人の友人と共にYouTubeチャンネルnigahigaを2006年7月20日に開始、オリジナルビデオの投稿を開始した。
wiki

 

 

 

・kieranpratt9
ピッコロとフリーザの第三形態、元気玉には発狂するほど笑わされた

 

 

・404_never_found
かめはめ波はないのか?

 

 

 

・damnank
どうかこれを完全な長編映画にしてくれ

 

・lounaci
ピッコロが黒人だったら、さらに面白かった

 

・mental_filt3r
僕らのミライへ逆回転!
712iSTuiNZL._SL1087_

僕らのミライへ逆回転とは
『僕らのミライへ逆回転』(ぼくらのミライへぎゃくかいてん、Be Kind Rewind)は、2008年のアメリカ映画。レンタルビデオ店の店員とその幼馴染が、ハリウッド映画をホームビデオで勝手にリメイクを製作してしまうコメディ。
プレミアは2008年のサンダンス映画祭。第58回ベルリン国際映画祭でもコンペティション外作品として上映された。アメリカでは2008年1月22日にニュー・ライン・シネマ配給で、日本では2008年10月11日に東北新社配給で公開された。
wiki

 

・sousateixeira
古い幼児日本のアクション映画と疑似映画のドラゴンボール・エボリューションよりさらに良いな

 

・vincentcael
5分で見事にドラゴンボールZを要約できていたな!Hell yeah!

 

・tudorarmeanu
なんて愚かな……:|

 

・Phonyppines
彼らは次に「伝説の少年アン」をやってくれないかな?
avatar001covers

 アバター 伝説の少年アンとは
日本のアニメになるだけ似せて作られたアメリカのアニメでアメリカでは非常に人気が高い。

 

・lin83kuei
映画よりはるかに良い!

 

・sigitonox
うーん、彼らはいくつなんだ?

 

・amedo
最終形態はコンドームしたペ○スに見えたんだが

 

・justlvin
5分で見事にドラゴンボールZを要約できていたな!Hell yeah!

 

・tudorarmeanu
なんて愚かな……:|

 

・justlvin
1:25、フリーザの角が落ちるシーンで正気を失った

 

・liquidwolf
グレート!

 

・capueanjoulis
これを見たあと、頬が笑い疲れてしまった……。

 

・navicula
コスプレLAVEL:99999999999999

 

まとめ

ホントにくだらないんですが、そこが何ともシュールで面白いと思いました。

Sponsered Link
Sponsered Link

1件のコメント

  •                 
    1
    匿名

    めちゃくちゃ面白い

コメントを残す




【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)