Sponsered Link

海外「日本は安全な国なんだ!」→海外「心配じゃないのか!」1人で学校へ通学する小学生のドキュメンタリーに海外が激論!【海外の反応】

オーストラリアのTVチャンネルSBS2で放送された動画で、最近のオーストラリアの少女と日本人の少女の通学との違いを簡単に見解できる動画をYouTubeで「日本の独立した子供」と題したミニドキュメンタリーが公開されていました。


Sponsered Link

日本の両親が、幼い子供に単独で学校へ歩いて行かせた理由をドキュメンタリーは見た。

123※動画は削除依頼があったため、削除させていただきました。

日本の多くの外国人が、日本の幼い小学生が自分自身で学校から歩いて、しかも単独で電車やバスを使って通学する様子にショックを受けています。
これらの観光スポットは、おそらく海外の多くの国ではとても珍しい光景に見えるであろうが、それらは日本では完全に標準的なシーンです。

翻訳元 JAPANTODAY

以下海外の反応コメント

 

・MarkX
日本の子供たちが本当により独立しているのかについて紹介しているが、本当にバカだと思う
ことは、両親自身が子供たちが歩いて学校へ行くことを望んでいるからだ
3人、または4人の少ない学生がいる学校も、青森にはたくさんある。

子供が学校へ歩いて行くことができるように、すべての学校を近接するのに無駄になる金額は嘆かわしい。
子供給付金にも賛成であると思えない

 

・Brainiac
1960年代と1970年代にオーストラリアで育っていたとき、子供が単独で学校へ行くこと、または公園、ビーチ等へ、彼らが歩いて行くことは全く一般的だった
それから、子供たちが誘拐されて殺害される(最も悪名高いボーモント事件)などの凄惨な事件が相次いだんだ。
それをきっかけに、親は幼い子供たちが自分で外出するという考え方を完全に変えた
それらの事件は社会に大きな影響を与え、今でもその当時のことを覚えている

今、オーストラリアでは、自分で学校に歩いて通う10歳未満の子供を見ることは稀だろう

興味深いことに、日本で起こった(今年のニュースを見た)児童殺人事件にもかかわらず、オーストラリアで行われたような子供を自分で外出させることについての問題性を問うような、社会的変化の傾向を見るには至っていない。

 

・shonanbb
人が外で子供に出会うときは、唯一子供たちの学校への通学路のみだ
彼らの両親は、子供たちがまた遊びに行くのを進めてやるべきだ

 

・igloobuyer (韓国?)
日本の子供が誘拐され、強姦されて、そして殺害される可能性があるのに関わらず、両親はまだ危険に対するリスクを喜んでいるようにさえ見える。
日本の子供たちが自分で家の外を歩く「独立」与えているように見えるが、実はそれは子供の自立心を開発するための任意の崇高よりも、親の都合での利便性に過ぎないように見えるね

ここで言える皮肉は、日本の子供たちは、日本で育った過程でより独立しているように見える一方で、彼らが成人に達っしたとき、彼らはその独立性を失うということだ
西洋では全体的に多くの大人が、日本人の大人よりも遥かに独立している
オーストラリア、およびその他の西洋文化の人々が自分自身で生活するてめ、18歳で家を離れている間、日本人は自宅での生活とその親に依存している。

※この「igloobuyer」という人物、日本に対する記事にはすべてアンチ的な意見を発しており、韓国の話題になるとかなり熱くなっているので、たぶん韓国人であると思われます

 

>>igloobuyer
・LFRAgain
↑ナンセンス
これは、問題の深刻な議論にはほとんど役に立たないような、完全に相対的で主観的な文だ。
日本列島を縦断して歩いてみてくれ
君は学校へ歩いて行くことに悩まされていない、日本の子供たちの膨大な数の簡単な情報を得、それを考慮できるだろう
良識がある合理的な人ならば、日本の街は本当に、本当に安全であることに完全に驚嘆するようになるだろう。
そしてそれは、核心を持って言える。日本の街は、信じられないほど安全である

 

>>igloobuyer
・nakanoguy01
↑ああ、またお前か、igloobuyer。
おまえは日本を何かと叩く機会を決して逃さないな?
マジでほっといてくれないか
おまえが言及する犯罪が一部で発生すると思われる場合、おまえはパラレルワールドに住んでいる必要がある

 

・zones2surf
最近、数人の友人とこれを議論し、広い範囲の意見を得た。
ぼくの意見で言えること:適材適所(餅屋は餅屋)
つまり、日本で有効かもしれないことは、他の国で的確な有効手段でないかもしれないということ。
そして、両親の行動とすべての国での子供たちの保護性は、自分の地域社会での流行状況や条件に左右されることになるということだ

ぼくは日本で育った。
ぼくは、住んでいた場所からほぼ9キロ離れた小学校に通っていた。
公立学校のバス停留所まで長い距離を歩いたあと、学校への公共バスに乗り、別の短い歩行も含んだ距離だ。
それは驚くべきものだった。
道路やバスシステム、そのすべてをナビゲートするために学ばなければならなかったんだ
それは独立を促し促進させたぼくの時間だったし、当時、安全ではないかもしれないと考えたことはない。

しかし、それは日本が70年代後期のころだ
そして、ぼくたちの家族は、アトランタの子供の殺人が行われたのと同じ時期にアメリカ南部に移住した。
ここでのぼくは、殺害された子供について毎夜ニュースの記事を見ている、日本で育った普通の小学生の男の子だった​​。

もちろん、自転車に乗って学校に行くこともなかった。
それは、家から少し離れたスクールバスによる送迎による通学だった。
あとは両親からの送り迎えだ。

その両親(ヘリコプター・ペアレントで栄える人々さえ)が、至る所で選択する権利が存在する日本が大好きだと確信して言える。
しかし現実には、日本では両親が子供を送迎することができない事情があるんだ。
そして、多くの場合がそれが正当な理由のためだ

両親が朝に同伴者なしで学校へ子供を見送れる文化も本当に良いものであると思う……日本のためには。
今のところ

ヘリコプター・ペアレントとは:
基本的に過保護な親のことを指します。

ヘリコプターで上空から子どもを監視して、子どもの身に何か起こると、急降下してくるイメージからきています。

 

・Jrw1202
アメリカでは、マイル以内に住んでいた場合は歩いて登下校するが、学校が遠方だった場合はバスを使うことになる

 

・danalawton1@yahoo.com
またかよ……。
.外国人が、日本人に対して何を考えているのかについての絶え間ない好奇心。
おれは他の人がどう思うかとか、心配する他の国を見たことがない
阿部が正してくれると思っている…… 人々が考えるものをまとめて、日本にとって正しいと思うことを彼はきちんとやっているよ
日本は、他の人がどう思うかとかの先入観を止め、ただ彼らのために良い行いをする必要があるね

 

>>danalawton1@yahoo.com
・SenseNotSoCommon
↑これは、オーストラリアの視聴者のためのオーストラリアのドキュメンタリーだ。
君は些細なことにこだわって全体が見えてないんじゃないか?
そしてこれは、歩行者の安全グループ(彼らが10歳であるまで子供が問題なく道を渡ることができないという主張)からのロビー活動で、それに興味を起こさせることにある。

日本の子供たちの学校通学は、独立性を浸透させるという点でのオーストラリアとの比較デバイスにすぎない。

 

・gokai_wo_maneku
日本は安全な国だ
それは日本全体として言える

 

・Frederic Bastiat
おれの国では過保護なバカ政府が引き継ぐ前の日まで、子供たちは徒歩や、自転車を使って学校へ通学していた
そうだ。職員を含め、あまりにも当時は悪い奴らが存在した。

 

・papigiulio
子供はいないが、殺人や誘拐の増加に伴って、そのような一人歩きでの子供の安全性が本当に心配になる。
近所では、大人たちがルートをパトロールするという素晴らしいアイデアを持っている。
そうであれば、あまり慎重になる必要もないかもしれない

 

・paulinusa
約20年前、東京都心の街を歩いて小さな学校の子供たちを見たときは、ショック(と少し困惑)を受けた者の一人として、自分をカウントすることができるよ。
今は、少なくとも日本では、それについては問題ないよ。

 

・Gobshite
この頃は、ペドだけでなく、狂人的な若者や、通りで老若男女に対する脅威をもたらす失業中の人々を両親は心配するべきだ

 

・gokai_wo_maneku
ほとんどの大人は、仕事に長い列車通勤をすることになるので、子供たちにとって早い年齢で長い通勤に慣れるのはいいことだ。

 

・Moonraker
多分これは、日本についてというより、オーストラリアとオーストラリアのTVについての詳細を述べているんだろ。

 

・ebisen
ぼくは当時6歳で15分間(ヨーロッパでは700メートル)かけて学校に一人で歩いていたよ
ぼくの子供は千葉で45分(2キロ)の距離を、天候を問わず歩く。
これが普通でないのか、間違っているのかは分からないけどね

 

・Raymond Chuang
ここアメリカでは、子供たちの誘拐について、あまりにたくさんの怖い話を報道するマスメディアのため、親は子供たちを効果的に閉じ込めることを強制されていると思う。
それは大人が同伴している場合を除き、どんな遊び場であっても子供たちを見ていないことは悪となった。
アメリカの子供たちは、過去に比べて、より難易度の社交を持っている理由も不思議ではないよ。

 

・shallots
「欧米のメディアは、我々自身の社会でのいくつかの欠陥を指摘するため、日本について考慮して欲しいと述べているのだと思う」
おれはこれが本当なのだと思う
また、若者たちが非常に独立しているものが少ないということに同意する。
多くは、西洋の子供についてのメディアを見たときに、彼らは若い年齢で将来の自分の具体的な夢を持っていたいと言う
彼らは自分自身が何をしたいのかも分からず、一般的に物事を考える方法が分かっていない
「独立」とは、経験や教育から基づき、日本の若者を記述するために使用したい言葉ではない。

 

 ・Joshua Degreiff
危険な時代は、子供に単独で学校に行かせていた。

 

・Farmboy
それが非常に危険なエリアでない限り、日本の幼い子供たちは、年長の子供たちの世話に伴い学校に歩いて行くことができると考えてる
彼らに及ぶ、多分最も多いだろう危険は、高校、または大学に通学するとき、メール等で携帯電話に釘付けになっている状況で、自転車に乗って通りを横断するときだ

 

・savethegaijin
娘が学校に行くのに十分な年齢になると、わたしはすぐに彼女を学校まで歩いて通学させたわ。
わたしは彼女が誘拐されるか、襲われることなどは恐れていないわ
それより、娘が車に撥ねられてしまわないかが心配
わたしが田舎に住んでいた場合、たぶんそれとは違った考えになるのかもしれないけれど、都市に住んでいるわたしの正直な気持ちを言うとね……
だけど安全なこの国は、ドライバーが絶対的に無謀な運転をすることがあるの。

長年、車を運転してきた経験からも、一部の無謀な運転手によって危険な目にたくさんあったから言えるの

 

・kwatt
日本は、親があまり心配せずにこれを行えるように本当に安全なんだ
確かにいくつかの(多かれ少なかれ)サイコ/ 異常者は常にいるが、それは、彼らが簡単に子供たちを誘拐、誘惑することができないように、そのような見知らぬ人から逃れる術を子供たちはよく知っているよ
そうでなければ、親は子供が一人で行くようなことをさせるわけがない

 

・clamenza
子供たちは、常に暗い道を避け、街路を除く混雑した道路や通り、混雑した電車/バス、コンビニなどの群衆の中にとどまる限り、安全だと教えられている。
子供たちは両親を呼び出したり、子供が見知らぬ人に誘惑/追われていると感じた時は、最寄りの交番に行くんだ。
学校に行く途中の至る所に交番があることを子供たちは知っている

 

・zones2surf
オーストラリアでは、一人で学校へ通学するために、15歳の子を独立させることを決して許可しないだろう。
Yes、日本ではなく、オーストラリアではあり得ないって話だ。
学校が目と鼻の先にある場合を除いてね
ここには小児性愛者の大きな問題があるんだ

 

>>John-San
・igloobuyer (韓国?)
↑何で日本にはないと思うんだ?
児童ポルノは、日本のみが今年違法としたことを覚えておいてくれ。

 

>>igloobuyer
・kwatt

↑いくつかのウェブサイト/ポルノの本を見ることは非常に危険なようだが、それは誘拐を促したり、子供を傷つけることはない。
街はまだ一人で歩いても安全と思われる。

 

>>igloobuyer
・LFRAgain

↑それは確かに刺激的で手厳しいサウンドバイトだが、問題の真実は、日本の児童ポルノの生産と流通は、罰金と3〜5年の懲役刑に至るまでの罰則で、罰金が300万から1000万円(US $ 24,000〜$ 83,000)であり、それはすでに1999年から禁止されている。
うん、君が吹聴している違法っていうのは、2014年6月に可決された児童ポルノの所持の禁止のことだね

その違法を可決するために、長いことかかったのは衝撃的だが、自分の位置を強化するために、迅速な事実と相違的なゆるい判断をすると、単に君の懸念の正当性を損なってしまうよ。

児童ポルノ作物による誘拐はあり得ないし、断然、日本の通りで最も大きい危険に面した子供たちに繋がらない

 

・gokai_wo_maneku
ぼくは学校へ行くのに毎日30分の電車乗車をして、少しの問題もなかったよ
当時はスマートフォンなど持っていなかったから、漫画を読んだり、友人と会話をしたりしていたね。
実際それで楽しかったよ

 

・Back@home
親切なビデオね
これが、わたしが日本が大好きである理由であり、なぜ、これを擁護する価値があるのか思い出させる

 

まとめ

日本の安全性は海外に比べ断然に確立されており、海外の方にとって自国の治安の悪さを意識してしまい、なかなか理解におよばないようです。

Sponsered Link
Sponsered Link

コメントを残す




【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)