Sponsered Link

海外「日本では何が起こってんだ!?」熊本県の阿蘇山が噴火!日本に相次ぐ自然災害に外国人驚愕!【海外の反応】

14日の午前に熊本県の阿蘇山で噴火が発生したニュースで、最近相次ぐ日本の自然災害も相まり、心配する海外の方もたくさんおられました。


Sponsered Link

熊本県、阿蘇山が噴火!人的被害は確認されていない。

http://mainichi.jp/graph/2015/09/14/20150914k0000e040062000c/020.html
http://mainichi.jp/graph/2015/09/14/20150914k0000e040062000c/020.html

14日午前9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。噴火したのは阿蘇山・中岳第1火口で、噴煙は2000メートルまで達した。これを受け、気象庁は阿蘇山の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)から「3」(入山規制)へ引き上げた。噴火警戒レベルの導入後、阿蘇山で「3」に引き上げられるのは初めて。県によると、人的被害は確認されていない。

気象庁は噴石が火口から2キロの範囲に飛散する可能性があるとして、警戒レベルを引き上げた。噴火直前に火山性地震の増加や、顕著な地殻変動などの前兆現象は観測されなかった。噴石の飛散と、約60キロ離れた福岡県筑後市など広い範囲での降灰が確認された。火砕流が発生した可能性もあり、今後詳しく調べる。

警戒レベル引き上げを受け、地元自治体などで作る阿蘇火山防災会議協議会は、中岳第1火口周辺の入山規制を半径1キロから2キロに拡大した。また、中岳に通じる主要3ルートについて、いったんは火口から約3.5~4.7キロの地点で通行止めを実施。その後、2ルートは通行止めを火口から約2.5キロの地点に緩和した。観光地の「草千里ケ浜」までは通行できる。住宅があるのは火口から最短で約5キロ。

気象庁によると、中岳第1火口は、火山活動が高まると火口湖「湯だまり」の温度が上昇して干上がり、火口底が露出した後に噴火を繰り返し、沈静化する活動サイクルが見られる。今回の活動では、昨年7月以降、湯だまりが消失し、同8月に噴火警戒レベルが「2」に引き上げられた。

同11月に小規模なマグマ噴火が起き、今年6月以降は火山活動が鈍化していた一方、今月も小規模噴火を繰り返していた。小泉岳司・火山対策官は「今回の噴火は活動サイクル終盤のものとみられ、今後は活動が徐々に収束する可能性が高い」と説明した。

阿蘇山では、中岳第1火口の西約3キロにある「草千里」の地下4~12キロ程度にマグマだまりがあるとされる。気象庁が地下のマグマ供給量を試算した結果、今回より大きな噴火の発生は考えにくいという。ただし、同程度の噴火が起きて火口から2キロの範囲で火砕流や噴石の飛散が起きる恐れはあり、注意を呼び掛けている。
毎日新聞

翻訳元 JAPANTODAY

以下、海外の反応コメント

 

・gabrial888
観光客の全員は、避難したと報道された。
これが小規模なものであることを望む。

 

・sandhonour
神は、これより状況を悪化させることが出来るのか??
洪水、火山噴火、ほかに何があるってんだ????

 

・Bartholomew Harte
日本は次々に災害に晒されているようだ!

 

・Raymond Chuang
阿蘇と桜島は非常に密接に監視されている
両方の山は、日本で最も活発な火山の一つだ。
そして、1914年に桜島で起こったような大噴火に対する懸念は、すべての火山の科学者を多忙にしている。

 

・papigiulio
地震、津波、竜巻、台風、洪水、土砂崩れ、火山噴火、核メルトダウン、腐敗した政府。
日本はそれをすべて持っている。

 

・Laguna
時々起こり得ることだ
だが黒煙はそれ以来白くなって、かなりの容量が減少している。
おそらくだが、豪雨が降ったなら、作業を狂わせるほどの大量の灰が降り注ぐと思われる

 

・Vernie Jefferies
阿蘇山は活発になっているため、長い間立ち入り禁止となっているよ
厳密には、監視による活動は、地域での地元の人々にとって新しいものではない。

 

・Christopher Glen
阿蘇山はすでに今まで一年以上「極めて高い活動」状態とされている。
それが継続することを期待するよ

 

・bjohnson23
人々は成功するか、失敗するかの1つの場所を選ぶなら、それはニューヨークであると言う
だが、高い経費、火山、地震、津波、爆発、放射線メルトダウン、日本の犯罪、経済、人種差別(それは世界中で起こります)や政治汚職、どれをとっても、人が日本のどこで生活を送るかについて、日本で決して人生を送られないこれらの人々の言うことなど、俺は気にしないし、それらのもの全てひっくるめても、ヘル・ニューヨークなんかと関わりあいたくないね
それなら、俺はまだ日本で生きるほうを選ぶ

それは完璧でないかもしれない
そして、俺は多くの地方住民のように不満を言うかもしれない
だが最終的には、やっぱりそこは悪い場所なんかじゃないと言える

 

・Kurobune
阿蘇、熊本は「火の国(Hi no Kuni)」(Land of Fire) として知られていて、日本での僕のお気に入りの場所のひとつなんだ!

 

>>Kurobune
・toshiko
↑ここでいう「Hi」は「Fire」のことではないわ
本来は肥す(koyasu)という漢字を使う
熊本はたくさんの農業栽培で土地で知られてる。そのため「肥の国」と呼ばれていたの

 

>>bigfujiyama
・Kurobune

↑ぼくは君が話している漢字をとても良く知っているよ。
だけど、ぼくも正しいんだ
熊本で過ごしていたとき、ぼくは熊本国際観光コンベンション協会の会員への補佐官を務めていたんだ。
毎年夏に熊本で3つの壮大な火祭りがある
1つは大宮神社で八月中旬にあるんだ
ぼくが話している「Hi No Kuni」はこれにあたり、使用漢字は文字通り、「火の国(Land of Fire)」だ。
熊本で友人と写真も撮ったし、これを意味した記念品をぼくはまだ所有している。(後に日本の総理大臣になった人の1人、熊本の知事になった1人)
「肥後はどこさ、熊本さ!」を繰り返している間、ぼくたちは少し「踊り」をやった
ぼくは20年以上日本に住んでいて、日本文化や伝統に非常に強い関心を持っている
長い間そこに滞在したけれど、それをすべて知っているなんて言わない!
日本の素晴らしい点を1つ勉強しても、そのずっと後に、また新しい何かを学ぶんだ!
Yoroshiku onegai shimasu(原文ママ)

※たいへん古くから「火の国」と言われていますが、実はそう呼ぶ由来がはっきりしないそうです。
通説を総合すると、古代、八代郡の氷川流域を中心として火の君という一族が熊本県一帯を支配しており、その国を火の国と呼んでいた。その勢力が長崎県地方にも及んで西九州一帯を支配するようになり、のちに肥前と肥後に分かれた。その時に「火」という言葉を忌み「肥」の字を当てるようになった・・・とのことらしいです。(yahoo知恵袋参照)
つまり「火の国」という呼ばれ方のほうが、「肥の国」よりも先だったということになりますね
間違っていたらすいません……
ご指摘あればコメ欄にてお願いします。

 

>>Kurobune
・toshiko
↑わたしは熊本県出身で、わたしの両親はイギリスに留学し、日本に帰国した後、他の熊本の女の子のように小笠原流礼法を勉強した後に結婚していたと思う。
日向には、太陽の神とされ、アマテラスは空から降りてきたと主張されている2つの場所がある。
その1つが高千穂の峯。
肥前と肥後は県が分離していて、両親の両方が肥後側の出身だったの

 

・minello7
記事は「噴火直前に火山性地震の増加や、顕著な地殻変動などの前兆現象は観測されなかった」と述べている。
専門分野をモニターしている、すべての科学的なコミュニティはその程度なんだ。
ここで注目するべきポイントは、自然を科学的にモニタリング・プログラムをする上で、世界的な専門分野においても、自然が作り出す現象を人が知り得るには遠く及ばないということだ。

自然は、地震、津波、台風、火山噴火、砂嵐、竜巻に至って、全く予測不可能であり、そのリスクは無限大にある
自然はとても美しく、恐ろしいものであり、我々がもっとも尊敬するべきものだ。

 

>>minello7
・Guy_Jean_Dailleult
↑「科学的社会」では、監視の専門知識が、蒸気噴火を予測するための有効的手段であると主張しておらず、彼らが実際にそれを公然と予測することができないと言うことは、かなりの確信がある
監視は、マグマ噴火のためのものだ。
残念ながら、この記事では、噴火のタイプに関する情報を提供していない。

 

>>minello7
・bigfujiyama
↑それが噴火したときに、人々がクレーターにいなかったことは、科学界のおかげだよ。
阿蘇山はしばらくの間、クレーター領域への侵入を制限してきていたんだ。
彼らは、噴火が発生するときを正確に予測することはできないが、多くの要因から1つの可能性を示し出している。
知識がないと何かを退けるだけなら、誰にでも簡単にできるよ。

 

>>bigfujiyama
・minello7
↑そこにほとんどの自然災害を示す多くの要因があるが、それらを予測することはできない
それは人の計り知れない自然の力だ。

「知識がないと何かを退けるだけなら、誰にでも簡単にできるよ」に関しては、記事を読んで、多数のビデオが世界的な災害と政治的な社交イベントに関係しているのを見ることから、俺が得る唯一の知識はある
そしてそれが、俺が俺の知識を得る方法だ
無知を寄せつけず、それがもう2、3年アルツハイマー病を遅らせるための俺の行動だ。

 

・KnowBetter
すべてが安全に回避できることを望む!
去年の夏、山頂に行って獣を調査する機会があったが、ガス雲によってその場を追われてしまったことを今喜んでいるよ。
そこにいたならば、火山がいつ噴火するのか、本当に身に感じることができる。
絶え間ないドキドキの瞬間だったよ!

 

 

・commanteer
ここにいた全ての中国人観光客が、予想よりも過剰な規模を吹聴するだろうと賭ける。
しかし若干、良くできた写真を得たに違いない。

 

・Monozuki
今洪水のニュースは、阿蘇山の噴火ニュース速報に道を譲るように見える。
日本には、毎日それぞれの災害について伝えることがたくさんあるな。
しかし、それでも日本人はそんな逆境にめげず繁栄しているようだ
阿蘇山がやがて通常の状態に戻ってくれることを願っているよ

 

・DannytheGaijin
うわぁ!日本は休息を得ることが出来ないのか
大規模な洪水や人命の損失、地震、そしてこれを引き起こした連続台風。

 

・Apolitical
火山のシーズンみたいだな。
最初はメキシコ、そして日本。

 

・Sparky Santos

俺は親類が心配だ……

 

 まとめ

本当に最近の日本は、自然災害の頻度が多いですね。

 

Sponsered Link
Sponsered Link

コメントを残す




【重要】返信ボタンは『上』ですのでご注意ください。下じゃありませんよ。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)