Sponsered Link
Sponsered Link

海外「ジブリには最高のコピーライターが付いてたんだな」『糸井重里』がジブリ映画のキャッチコピーを付けていたことに外国人が感銘!

海外で「糸井重里」さんは、今も名作として語り継がれるゲーム「MOTHER」シリーズの監修を務めた人物として有名ですが、その「糸井重里」さんがコピーライターの仕事をしているということはあまり知られてなく、彼が手掛けたスタジオジブリの映画ポスターに付けられたキャッチコピーがいくつか紹介され、海外で話題になっていました。
「海外「ジブリには最高のコピーライターが付いてたんだな」『糸井重里』がジブリ映画のキャッチコピーを付けていたことに外国人が感銘!」の続きを読む…

海外「人類の宝」日本の世界遺産・総数20件のうち最も人気のある世界遺産ランキング!

姫路城

2016年7月17日、トルコのイスタンブールで開催した世界遺産委員会で、ユネスコは東京初となる世界文化遺産「ル・コルビュジエの建築作品」を登録し、日本の世界文化遺産・自然遺産を含めた世界遺産総数は合計20件となりましたが、海外の記事にて、日本の世界遺産で最も人気のある場所のランキングが発表され、海外で話題になっていました。
「海外「人類の宝」日本の世界遺産・総数20件のうち最も人気のある世界遺産ランキング!」の続きを読む…

海外「日本の都市伝説!最も危険な遊び『だるまさんがころんだ』が恐ろしすぎる」【THE BATH GAME】

昔から日本の子供たちから親しまれてきた遊び、『だるまさんがころんだ』には、夜、お風呂で「だるまさんがころんだ」と口に出したり、頭で思ったりすると、怖い幽霊が出るという都市伝説が日本にありますが、海外では「THE BATH GAME」という名でこの都市伝説が広まっており、数年前から幽霊召喚ゲームとして怖がられているようです。

「海外「日本の都市伝説!最も危険な遊び『だるまさんがころんだ』が恐ろしすぎる」【THE BATH GAME】」の続きを読む…

海外「日本はAKBにセクハラしたジャスティンを嫌うべき!」『ピコ太郎』と『ジャスティン・ビーバー』がソフトバンクのCMで共演!

『ピコ太郎』さんの曲「PPAP」が大ヒットするキッカケを作ったカナダ出身の歌手『ジャスティン・ビーバー』さんが、ソフトバンクの学割CMで『ピコ太郎』さんと初共演することが明らかとなり、海外で話題となっておりました。
「海外「日本はAKBにセクハラしたジャスティンを嫌うべき!」『ピコ太郎』と『ジャスティン・ビーバー』がソフトバンクのCMで共演!」の続きを読む…

海外「日本の文化にとやかく言うな!」外国人が抱くラーメンの『ヌーハラ(ヌードルハラスメント)』問題が海外で話題に!

ヌーハラ

去年の秋、朝のワイドショー「とくダネ!」などで取り上げられた、外国人が不快に感じる日本のラーメン食文化『ヌーハラ(ヌードルハラスメント)』の問題が海外の記事で取り上げられ、大きく話題となっていました。
「海外「日本の文化にとやかく言うな!」外国人が抱くラーメンの『ヌーハラ(ヌードルハラスメント)』問題が海外で話題に!」の続きを読む…

海外「贅沢すぎ!」1本1万円の黄金に輝く最高級『恵方巻』が海外で話題に!

2月3日の節分の日、伊勢丹新宿店にて販売されていた、お値段1万800円という金箔で巻かれた最高級の恵方巻「特選海鮮十二単巻」が海外の記事で紹介され、話題となっていました。
「海外「贅沢すぎ!」1本1万円の黄金に輝く最高級『恵方巻』が海外で話題に!」の続きを読む…

海外「たった7秒間で8時間も掛かるの!?」とあるアニメーターが公開したアニメーションの制作過程の動画に多数の外国人が敬意を表す!

YouTubeチャンネル名「beluo77(お絵かきch)」さんが、「東方Project」のキャラクター「多々良小傘」がけんけんぱするアニメーション『けんけんぱ小傘ちゃん』という作品を制作しYouTubeに公開され、動画の前半部分にはそのアニメーションの制作過程が公開されており、その途方もない仕事量の多さに多数の外国人の方がアニメーターに対し敬意を表していました。
「海外「たった7秒間で8時間も掛かるの!?」とあるアニメーターが公開したアニメーションの制作過程の動画に多数の外国人が敬意を表す!」の続きを読む…

海外「米国の映画賞はもう死んでる」映画『レッドタートル』がアニー賞を受賞!海外記事にて『君の名は。』と比較されたことで海外のコメントが大荒れに!

アニメ界のアカデミー賞とも言われる「アニー賞」の授賞式が4日、アメリカのロサンゼルスで行われ、インディペンデント作品賞にスタジオジブリが製作に関わった「レッドタートル ある島の物語」が選ばれましたが、海外の記事にて、そのニュースが『君の名は。』を持ち出して記事にされたことで、事態は海外の『君の名は。』ファンたちの怒りを買う形となり、コメントが大きく荒れていました。
「海外「米国の映画賞はもう死んでる」映画『レッドタートル』がアニー賞を受賞!海外記事にて『君の名は。』と比較されたことで海外のコメントが大荒れに!」の続きを読む…

海外「日本に負けず劣らずの『中国の漫画』の数々をご覧ください」→海外「漫画ではなく『マンホア』である」

日本の漫画に迫る勢いのある漫画として、お勧めの中国の漫画(海外では「マンホア」と差別化されています)をいくつか紹介された記事が海外で話題となっていました。
「海外「日本に負けず劣らずの『中国の漫画』の数々をご覧ください」→海外「漫画ではなく『マンホア』である」」の続きを読む…

Sponsered Link
Sponsered Link