【ネタバレ注意】映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』米国での興行収入が不調で低評価相次ぐ!?海外「ゴースト・イン・ザ・シェルは失敗だ」

ハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(攻殻機動隊)』の公開週末の興行収入高が公表されましたが、世界の売り上げに比べ米国での興行収入はあまり芳しくなく、レビューサイトでは辛口な批評が成されています。
このことが海外の記事にて取り上げられ話題となっていましたので抜粋。
「【ネタバレ注意】映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』米国での興行収入が不調で低評価相次ぐ!?海外「ゴースト・イン・ザ・シェルは失敗だ」」の続きを読む…

ハリウッド映画『デスノート』のキャスティングが人種差別・ホワイトウォッシングだとしてNetflixに非難殺到!→海外「アメリカはアジアじゃないんだから白人起用して当然だろ…」

2017年8月25日にNetflix(ネットフリックス)から公開される実写映画「デスノート」ホワイトウォッシングだとしてアメリカで非難が殺到し論争になっております。
ホワイトウォッシングとは、映画などの配役に対してアジア人や黒人の設定にもかかわらず、配役が白人中心にキャスティングされることをいい、人種差別的表現として扱われることもあります。

「ハリウッド映画『デスノート』のキャスティングが人種差別・ホワイトウォッシングだとしてNetflixに非難殺到!→海外「アメリカはアジアじゃないんだから白人起用して当然だろ…」」の続きを読む…