海外「めっちゃ行きたい!」『君の名は。× 飛騨市』のラッピングバスが運行開始!

岐阜県高山市の濃飛バスにて、2017年2月27日~2018年3月31日までの期間で、映画「君の名は。」のラッピングバスの運行が開始されます。
同作の舞台で聖地となる飛騨市とのコラボデザインのバスに対する海外の反応をお伝えします。
「海外「めっちゃ行きたい!」『君の名は。× 飛騨市』のラッピングバスが運行開始!」の続きを読む…

海外「米国の映画賞はもう死んでる」映画『レッドタートル』がアニー賞を受賞!海外記事にて『君の名は。』と比較されたことで海外のコメントが大荒れに!

アニメ界のアカデミー賞とも言われる「アニー賞」の授賞式が4日、アメリカのロサンゼルスで行われ、インディペンデント作品賞にスタジオジブリが製作に関わった「レッドタートル ある島の物語」が選ばれましたが、海外の記事にて、そのニュースが『君の名は。』を持ち出して記事にされたことで、事態は海外の『君の名は。』ファンたちの怒りを買う形となり、コメントが大きく荒れていました。
「海外「米国の映画賞はもう死んでる」映画『レッドタートル』がアニー賞を受賞!海外記事にて『君の名は。』と比較されたことで海外のコメントが大荒れに!」の続きを読む…

海外「2016年興行収入トップ10のうち9作がアニメ・漫画関連の映画!?」日本映画産業の業績が過去最高!

「一般社団法人日本映画製作者連盟(MPPAJ)」が2016年度の日本映画産業統計を公開し、日本映画産業の業績が過去最高を記録していたことが明らかになりました。
また、2016年度の日本映画・興行収入ランキングも公開されており、トップ10のうち9作がアニメや漫画関連の映画であり、海外の記事にて話題となっていました。
「海外「2016年興行収入トップ10のうち9作がアニメ・漫画関連の映画!?」日本映画産業の業績が過去最高!」の続きを読む…

海外「日本はもっとアニメ映画を世界上映してくれ!」第40回日本アカデミー賞「優秀アニメーション作品賞」ノミネート作品が発表!

16日、『第40回日本アカデミー賞』ノミネート作品が発表されましたが、海外のコミュニティサイトにて「優秀アニメーション作品賞」のノミネート作品が紹介され、一体どの作品が賞を受賞するに値するかの投票が行われ、大きく盛り上がりを見せておりました。
「海外「日本はもっとアニメ映画を世界上映してくれ!」第40回日本アカデミー賞「優秀アニメーション作品賞」ノミネート作品が発表!」の続きを読む…

海外「『君の名は。』全世界興行収入378億円で「千と千尋」を抜いて堂々の歴代首位!」日本では232億円の歴代4位!【海外の反応】

昨年8月に公開した『君の名は。』の興行収入が232億円を突破し日本歴代4位となり話題を呼んでいますが、実はなんと、全世界を総合した興行収入は378億円を突破しており、「千と千尋の神隠し」の世界興行収入314億円を抜いて、日本のアニメ映画で歴代最高の興行収入を叩き出していたことが海外の記事にて分かりました。
「海外「『君の名は。』全世界興行収入378億円で「千と千尋」を抜いて堂々の歴代首位!」日本では232億円の歴代4位!【海外の反応】」の続きを読む…

海外「じゃあお前が映画作れよ!」東京国際映画祭ディレクターが『君の名は。』を例に挙げ日本映画を批評し海外で話題に!

スペースシャワーTVの高根順次プロデューサーによる連載「映画業界のキーマン直撃!!」にて、東京国際映画祭(TIFF)で作品選定ディレクターを務める矢田部吉彦氏にインタビューがなされ、映画「君の名は。」を例に挙げ日本映画界には「多様性が失われているのでは」という懸念を示したことが海外で取り上げられ話題となっていました。
「海外「じゃあお前が映画作れよ!」東京国際映画祭ディレクターが『君の名は。』を例に挙げ日本映画を批評し海外で話題に!」の続きを読む…

海外「28年ぶりの快挙!」『この世界の片隅に』がキネマ旬報ベスト・テン1位を獲得!

2016年度の優秀作品映画を選ぶ『キネマ旬報ベスト・テン』が1月10日に発表され、日本映画の1位に「片渕須直」監督のアニメーション映画『この世界の片隅に』が選ばれたことで海外で話題になっていおりました。
アニメーション作品が1位になるのは今回で2度目であり、昭和63年の「となりのトトロ」以来、28年ぶりという快挙です。
「海外「28年ぶりの快挙!」『この世界の片隅に』がキネマ旬報ベスト・テン1位を獲得!」の続きを読む…

海外「日本の戦争映画の見解が好き」『この世界の片隅に』の興行収入が10億円を突破!『ヨコハマ映画祭作品賞』と『ヒロシマ平和映画賞』受賞作品に海外も注目!

「こうの史代」先生の漫画が原作である劇場版アニメ『この世界の片隅に』の興行収入が、1月4日で10億円を突破したことが5日に明らかになりました。
日本では「君の名は。」「聲の形」に次いで、2016年の名作アニメ映画三部作として何かと話題となっていた作品ですが、興行収入10億円を突破したことによって海外でも大きく注目されることとなりました。
「海外「日本の戦争映画の見解が好き」『この世界の片隅に』の興行収入が10億円を突破!『ヨコハマ映画祭作品賞』と『ヒロシマ平和映画賞』受賞作品に海外も注目!」の続きを読む…

海外「正直、『君の名は。』より期待してる」『聲の形』の興行収入が22億円を突破!【海外の反応】

映画『聲の形』が11月30日付けで劇場動員数170万人を超え、22億円の興行収入を突破しました。
京アニ史上、もっとも成功した映画となったこの作品に、期待を寄せる外国人の声が多数見受けられました。
「海外「正直、『君の名は。』より期待してる」『聲の形』の興行収入が22億円を突破!【海外の反応】」の続きを読む…

海外「ここでも『君の名は。』が…」2016年ライトノベル売上ランキングTOP30が発表!【海外の反応】

2016年度、ライトノベル売上ランニング

『ORICON STYLE(オリコンスタイル)』にて、2015年11月23日~2016年11月20日までの間でライトノベルの売上が調査され、2016年度のライトノベル売上ランキングが発表されたことで、海外で話題になっていましたので抜粋。
「海外「ここでも『君の名は。』が…」2016年ライトノベル売上ランキングTOP30が発表!【海外の反応】」の続きを読む…