海外「日本は賢い」難民申請の抜け穴を乱用する『偽難民』への対策と日本の移民政策に外国人激論!

2015年度から日本で急激に増加し続ける難民申請者の多くが、複雑で時間のかかる難民認定手続きの抜け穴を乱用する『偽難民』であることが日本の多くの専門家たちによって証明されています。
この件について、英字新聞ジャパンタイムズが日本の専門家たちに日本の難民問題、そして移民政策の現状をインタビューし掲載された記事が海外で話題になっていました。
「海外「日本は賢い」難民申請の抜け穴を乱用する『偽難民』への対策と日本の移民政策に外国人激論!」の続きを読む…

海外「日本で生まれ育った難民申請者の子供たちが、住んだこともない国への強制送還に直面している!」

現在日本では、外国人移民が日本での定住を求めて難民申請している状態である、「仮放免」という立場の「仮放免者」がおよそ4700人存在するといわれております。
その「仮放免者」である二世代目の子供たちは、日本で生まれ育っていながらも、日本での就労許可がなく、いつ強制送還の通達をされるか分からないという問題を抱えており、義務教育を終える子供たちの将来を懸念した記事が海外で話題となっておりました。
「海外「日本で生まれ育った難民申請者の子供たちが、住んだこともない国への強制送還に直面している!」」の続きを読む…